~社歌コン 応募社の横顔:8~歌が広める新ブランド-東京の運送会社 画像 ~社歌コン 応募社の横顔:8~歌が広める新ブランド-東京の運送会社

人材

 HANJO HANJOでは会社のコミュニケーションを盛り上げるものとして、社歌に注目してきました。現在、開催中の「中小企業 社歌コンテスト」では、企業の想いが詰まった社歌が主役の動画を募集しています。応募企業では早くも社歌の制作を通じて、従業員や関係者の間に一体感が生まれているようです。

■自分たちが誇りを持つ仕事、それを若い人に伝えたい

 世代交代とともに、事業のリブランディングを行う企業が増えています。経営革新を進めるには、そのイメージを社の内外で共有することが重要です。

 低温流通食品の物流に特化した高井戸運送株式会社も、そんな会社の一つです。代表取締役の飯田勇一さんによる新体制のもと、新事業の開拓と規模拡大を進めてきました。創立60周年を機に、2017年には「TAKAIDOクールフロー」へと社名の変更も予定しています。これを広く世間に知らせるための手段として、飯田さんが選んだのが社歌でした。

「長野県民ならだれもが知っている『信濃の国』という歌があるんですが、歌詞の内容がほとんど観光案内なんです。これを聞けば県のイメージが目に浮かぶような歌で、同じような社歌が作れないかと思ったのがきっかけでした」

 会社のイメージを広く世間に伝え、就職を希望するような若い人にも興味を持ってもらう。同時に従業員が自分たちのやっている仕事を振り返って、誇りに思ってもらいたい。それが、飯田さんが社歌にゆだねた願いだったといいます。

 そのイメージを込めた歌詞は、飯田さん自らが半年かけて書き起こしました。そこには、物流業界を30年以上経験してきた、事業に対する想いが込められています。世の中に必要とされているサプライチェーンを守り、美味しさを届けて笑顔を受け取る。そのためには自分たちも心からの笑顔でいよう、と。

■“耳に残るメロディ”で新たな社名を覚えてもらう

 完成した歌詞を手に、飯田さんが曲作りを依頼したのが、浜崎あゆみなどの歌を手掛ける作曲家の菊池一仁さんでした。なぜ、一面識もない菊池さんに社歌を託したのか? その理由は若者からの人気と、何より印象深いメロディにあったといいます。

「耳に残るような歌を作ってほしかったんです。CMソングに例えるなら“積水ハウスの歌”。あの社名を歌う部分のメロディは、一度聴いたら忘れられないですよね」

 書き上げた歌詞のサビの最後には、『TAKAIDO TAKAIDO クールフロー』と新たな社名を歌う部分があります。これを一人でも多くの人に覚えてもらいたいと、飯田さんは依頼のときにリクエストを出したそうです。

 こうしてTAKAIDOクールフローの社歌「笑顔が好きだから」は完成しました。初めてこの歌を聞いたとき、飯田さんの瞳には込み上げるものがあったといいます。

「『今日も信頼をお届けします』とか、当たり前のことなんですけど、それをずっとやってきた自分の姿が思い浮かんできましたね。最初の何回かは胸がつまってしまって、最後まで歌いきることができませんでした」

 「笑顔が好きだから」は今、週に2回の朝礼や会議の前などに、社員の間で歌われています。新たなブランドを社外に知らせる一方で、社内にはその意味を再確認する機会を作っているようです。

width=


★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. ドラマ「架空OL日記」を見て、OLの日常をしみじみ味わう

    ドラマ「架空OL日記」を見て、OLの日常をしみじみ味わう

  2. ~社内コミュニケーションの秘訣~初めは遊びでも出口が仕事につながればいい/BFT

    ~社内コミュニケーションの秘訣~初めは遊びでも出口が仕事につながればいい/BFT

  3. 【凛】JFEエンジニアリングバイオマス発電事業部営業部・三浦友理恵さん

    【凛】JFEエンジニアリングバイオマス発電事業部営業部・三浦友理恵さん

  4. 支援学校の教室不足、いまだに深刻

  5. 採血で大腸がん早期発見、新検査サービス開始

  6. 「安全と成長に道筋付ける」と国交省・徳山日出男事務次官就任会見で

  7. 日建連首脳が会見/山内隆司新会長「担い手確保・生産性向上に全力」

  8. 建築家・槇文彦氏が芸術院新会員に内定、日本芸術院

アクセスランキングをもっと見る

page top