川崎駅西口開発、オフィス棟とホテル棟を計画 画像 川崎駅西口開発、オフィス棟とホテル棟を計画

インバウンド・地域活性

 JR東日本は川崎市幸区のJR川崎駅西口大宮町地区の社有地に、総延べ14万平方メートルのオフィスとホテルの2棟を建設する。設計はJR東日本建築設計事務所が担当。施工者は未定。環境影響評価手続きを経て18年2月の着工、22年4月の竣工を目指す。同駅西口周辺で官民が進めてきた大規模開発事業として「現時点の計画では最後の開発案件」(市担当者)となる。
 計画地は幸区大宮町1の5ほか(敷地面積約1万2400平方メートル)。南側はJRの在来線、北側は事務所・店舗・文化ホールが入る複合施設「ミューザ川崎」に接し、周辺には大規模商業施設や高層の共同住宅、オフィスビルなどが立ち並ぶ。
 新設する2棟の規模は、オフィス棟が地下2階地上28階建て(高さ約131メートル)、ホテル棟が18階建て(同約60メートル)。総延べ床面積は約13万8900平方メートル。地上2階レベルに整備するデッキで2棟をつなぎ、地上1階と地下階に駐車場を設ける。デッキはミューザ川崎ともつなげる計画で、地区内の回遊性を高める。
 オフィス棟は2~4階に業務・商業施設、5階から上層に業務施設、ホテル棟は2~3階に宿泊・商業施設、4階から上層に宿泊施設を配置する。このほか会議室や生活利便施設といった機能を導入し、緑地も整備する。
 敷地内に残る埋設物の撤去などを含めた全体工期は約51カ月を見込む。6日に環境影響評価方法書を市に提出しており、13日に縦覧を開始する。

JR東日本/川崎駅西口大宮町地区開発/オフィス棟とホテル棟計画、総延べ14万平米

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

    中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

  3. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

  4. 品川駅西口駅前広場整備、リニア新幹線開通で未来型の空間へ

  5. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  6. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  7. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  8. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減、バス業界の今後は?:2

  9. 【果物お土産ビジネス:3】果物店の「インバウンド需要のつかみ方」

  10. 叡山電鉄、2018年春に観光用の「楕円電車」導入へ

アクセスランキングをもっと見る

page top