“派手好き”インバウンド、演出の工夫を探る! 画像 “派手好き”インバウンド、演出の工夫を探る!

インバウンド・地域活性

【記事のポイント】
▼旅行口コミサイトにある“外国人が見たい日本”をヒントにする
▼初訪日の観光客向けには、一目で分かる“日本”を
▼劇場的、サプライズのある瞬間を常に用意する


■わかりやすさ×外国人が見たい日本=派手な演出

 インバウンドの増加に伴い、その集客につながるような取り組みが観光向けの施設で増えている。中には、いわゆる外国人が考える“ザ・日本”を前面に打ち出した、写真映えのする派手な演出も少なくない。日本人からすればやりすぎでは?とも思えるが、海外観光客の要求に応えることが集客につながることは確かだ。問題はどこまでがOKでどこからがNGなのか? そのさじ加減の参考になりそうなのが、“日本の魅力を一度に味わえるエンタメ旅館”をコンセプトに、2016年に誕生した「The Ryokan Tokyo YUGAWARA」だ。

 この旅館の外観や内装には、外国人が日本に求める要素が凝縮されている。京都の伏見稲荷を模したゲートに枯山水を配したエントランス。そこを抜けて館内に入れば、浅草の雷門を思わせる巨大なちょうちんと、歌舞伎画が描かれた凧が視界に飛び込んでくる。廊下の両脇には京都の五重塔や奈良の大仏など、日本の観光スポットを網羅したフォトパネルを配置した。

 女将の藤澤しずかさんによると、インパクトのあるシンボリックなデザインと配色に、訪れたゲストは皆「Wow!」の歓声を上げるそうだ。客室では遠景の富士山が浮世絵で描かれたふすまを開けた先に、今度は赤富士を描いたふすまを配置。大浴場の壁にも一面に富士山が描くなど、サプライズのある劇場的な演出をすることも欠かさない。

「インバウンドに特化した宿を作るにあたり大切にしたのが、分かりやすさです。外国人旅行者にとっては、これが一生に一度の日本滞在かもしれない。“日本はこんな国”ということを伝えるために、“彼らが見たがっている日本”を落とし込みました」

 The Ryokan Tokyo YUGAWARAの立ち上げ時に参考となったのが、世界最大級の旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」における訪日外国人のレビューだ。一目で日本とわかる、シンボリックで写真映えするものがウケるのではないか? そう考えた時に、取り入れるべきと要素となったのが伏見稲荷であり、浅草の雷門であり、富士山だったという。

■SNS発信を意識して“思わず写真に収めたくなる演出”を

 日本人からすると大げさで派手に映るこれらの演出は、“分かりやすさ”と“外国人が見たがっている日本”を突き詰めた結果だ。赤と金が多用された色遣いは、決して中国の観光客を意識したわけではなく、「日本を表す色のなかで、一番美しく写真映えすると考えて多く使っています」とのこと。レストランには金屏風を配置しているが、ここで写真撮影を行う宿泊客は多い。

 このように、写真映えすることを常に意識しているのは、外国人観光客は日本人以上にネットでの発信を好むからだ。

「今は個人による情報発信がパワーを持つ時代。それぞれのゲストがSNSや口コミサイトに投稿する写真には、大きな宣伝効果があります。実際にFBやトリップアドバイザーを見て予約されるゲストは多いです」

《尾崎美鈴/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 月島三丁目北地区再開発、高さ約199メートルの超高層マンションを中心

    月島三丁目北地区再開発、高さ約199メートルの超高層マンションを中心

  2. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

    <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  3. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 東京都中央区、都市整備方針を転換/定住人口回復で、ホテルや生活支援施設を後押し

  6. 日本の農畜産物、インバウンド向けのお土産に/特産品で活性化

  7. 新さっぽろ駅周辺地区開発/大学や商業施設を開発

  8. 東京23区で唯一大学のなかった墨田区、「i専門職大学」開学へ!

  9. 八重洲二丁目北地区再開発、11月下旬に複合ビル/ホテルや小学校、バスターミナル

  10. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

アクセスランキングをもっと見る

page top