死傷事件の津久井やまゆり園、全面建替で再生のシンボルに 画像 死傷事件の津久井やまゆり園、全面建替で再生のシンボルに

インバウンド・地域活性

 神奈川県は6日、障害者施設「津久井やまゆり園」(相模原市緑区千木良476)の再生基本計画策定に向けた基本的な考え方を公表した。現在地で全面的に建て替え、再生のシンボルとなる新たな施設を建設する。16年度中に基本構想をまとめる。基本・実施設計は17~18年度、工事は19~20年度を想定。概算事業費は60億~80億円を見込んでいる。
 既存の2棟の居住棟、管理棟、2カ所の渡り廊下(総延べ7705平方メートル)を解体し、新たにRC造延べ8300平方メートル規模の施設を建設する予定。
 同施設では昨年7月、多くの入居者が死傷する事件が発生。県は再生に向けた基本理念として、現在地で建て替えることによって事件を風化させないことと、事件の凄惨(せいさん)なイメージを一掃して再生のシンボルとすることなどを掲げている。事件検証委員会の報告書を踏まえて侵入防止などの安全対策も強化する。
 居住空間については、これまでの2人部屋をすべて個室にし、利用者のプライバシーを確保。1ユニットを現状の20人から10~12人程度に小規模化するなど、家庭的な生活環境の醸成も図る方針だ。
 敷地面積は3万0890平方メートル。既存施設はRC造2階建てで総延べ1万1885平方メートル。
 県は10日、基本構想に関する公聴会を開き、福祉関係団体らに構想を説明した。

神奈川県/津久井やまゆり園再生(相模原市緑区)/全面建替で再生のシンボルに

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 高い評価の新潟米「新之助」、強気の値段設定はおいくら?

    高い評価の新潟米「新之助」、強気の値段設定はおいくら?

  2. 重要文化財・大阪市中央公会堂、免震装置交換工事進む

    重要文化財・大阪市中央公会堂、免震装置交換工事進む

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 熊本地震で被災した阿蘇神社の復旧工事、楼門解体作業が大詰め

  5. 知られざる“爆売れ”、その理由は?/インバウンド・観光ビジネス総合展

  6. 日本武道館、増築・改修へ実施設計着手/20年東京五輪で柔道、空手の試合

  7. 新宿住友ビル大規模改修、目玉は巨大アトリウム!

  8. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  9. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  10. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

アクセスランキングをもっと見る

page top