日本自動車工業会、最も重要なことは「国内市場活性化」 画像 日本自動車工業会、最も重要なことは「国内市場活性化」

制度・ビジネスチャンス

「今年1年おそらく平穏ではなく、タフでチャレンジングな年になると考える。それを上回るタフで強い事業展開を行い、変化をビジネスチャンスとしてとらえて、その結果日本市場に活気をもららす。そのように会員各社と取り組んでいきたい」

日本自動車工業会の西川廣人会長は5日、自動車関係4団体の賀詞交歓会の挨拶でこう述べた。7分ほどのスピーチで、西川氏が最も強調したのは、国内市場の活性化だ。

自工会は『3本の柱』と称して2017年の取組み姿勢を表明している。西川氏は昨年12月の会見でも取り上げた
・技術革新と環境対策推進を含めた安全、快適で持続可能なモビリティ社会の創造
・TPPや日本欧州EPAなど自由貿易促進や国際基準認証など事業環境の改善
・国内市場活性化
を繰り返し、こう述べた。

「国内市場活性化は最も重要。何といっても喫緊の課題。自工会としても盛り上げるべく最大限の努力をしたい」

その1つの手段として、東京モーターショー開催年である今年、次回開催の19年をシリーズ化し、20年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて盛り上げる、と宣言した。テーマは『世界を、動かそう BYOND THE MOTOR』だ。
「先進市場の進化のモデルとして存在感を増していくチャンス」と、西川氏の期待も高い。

昨年秋に経済産業省からの要請を受け、自工会はサプライチェーン全体の「取引適正化」と「付加価値向上」に向けた自主行動計画の大筋を年末までにまとめた。実施年となる今年の業界の変化が注目される。

最も重要なことは「国内市場活性化」...自工会西川会長、自動車団体賀詞交歓会で

《中島みなみ》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. ■ニュース深掘り!■ 機能性表示食品制度にビジネスチャンス

    ■ニュース深掘り!■ 機能性表示食品制度にビジネスチャンス

  2. 主要ゼネコン26社の16年4~9月期決算、7割近くが粗利益率10%台

    主要ゼネコン26社の16年4~9月期決算、7割近くが粗利益率10%台

  3. earth music&ecologyが顧客満足1位……その理由は?

    earth music&ecologyが顧客満足1位……その理由は?

  4. 日清食品が滋賀県栗東市に新工場、50%以上の省人化でコスト削減

  5. 野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

  6. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  7. 東京23区内の大規模建築計画上昇中!最多はやっぱりあの区!?

  8. 「おもてなし規格認証」取得は2020年への第一歩/インバウンド・ジャパン

  9. 【おおさか地域創造ファンド:5】採択事業の看板を武器に海外進出!

  10. 【倒産情報】農業ビジネスのアーサーアグリが破産手続き――社長逮捕で資金調達頓挫

アクセスランキングをもっと見る

page top