日本自動車工業会、最も重要なことは「国内市場活性化」 画像 日本自動車工業会、最も重要なことは「国内市場活性化」

制度・ビジネスチャンス

「今年1年おそらく平穏ではなく、タフでチャレンジングな年になると考える。それを上回るタフで強い事業展開を行い、変化をビジネスチャンスとしてとらえて、その結果日本市場に活気をもららす。そのように会員各社と取り組んでいきたい」

日本自動車工業会の西川廣人会長は5日、自動車関係4団体の賀詞交歓会の挨拶でこう述べた。7分ほどのスピーチで、西川氏が最も強調したのは、国内市場の活性化だ。

自工会は『3本の柱』と称して2017年の取組み姿勢を表明している。西川氏は昨年12月の会見でも取り上げた
・技術革新と環境対策推進を含めた安全、快適で持続可能なモビリティ社会の創造
・TPPや日本欧州EPAなど自由貿易促進や国際基準認証など事業環境の改善
・国内市場活性化
を繰り返し、こう述べた。

「国内市場活性化は最も重要。何といっても喫緊の課題。自工会としても盛り上げるべく最大限の努力をしたい」

その1つの手段として、東京モーターショー開催年である今年、次回開催の19年をシリーズ化し、20年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて盛り上げる、と宣言した。テーマは『世界を、動かそう BYOND THE MOTOR』だ。
「先進市場の進化のモデルとして存在感を増していくチャンス」と、西川氏の期待も高い。

昨年秋に経済産業省からの要請を受け、自工会はサプライチェーン全体の「取引適正化」と「付加価値向上」に向けた自主行動計画の大筋を年末までにまとめた。実施年となる今年の業界の変化が注目される。

最も重要なことは「国内市場活性化」...自工会西川会長、自動車団体賀詞交歓会で

《中島みなみ》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. お客さまとの距離が近い!年賀はがきのDMが支持される意外な理由

    お客さまとの距離が近い!年賀はがきのDMが支持される意外な理由

  2. 誘因(給与)と貢献(労働)のバランスをどう取ればいいのか?

    誘因(給与)と貢献(労働)のバランスをどう取ればいいのか?

  3. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

    原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

  4. 大林組が「森林と共に生きる街」建設構想発表/中山間地での持続可能な街づくり提案

  5. ~あたらしい訪問型ビジネス:1~老人ホームが薬局の“顧客”になる日

  6. 今年のクリスマスケーキは、たっぷりのイチゴが魅力!/定番のショートケーキを強化

  7. 国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

  8. どうなる?環状第2号線/豊洲移転・築地再開発への疑問やまず

  9. 若者の米離れ、週1回以上は21%、「食べない」は何%?

  10. 豚枝肉高騰1キロ650円、過去10年間で最高/9月中旬東京

アクセスランキングをもっと見る

page top