ホンダ八郷社長、2017年展望「薄曇りだが、北米と中国にチャンスも」 画像 ホンダ八郷社長、2017年展望「薄曇りだが、北米と中国にチャンスも」

海外進出

ホンダの八郷隆弘社長は1月5日に都内で開かれた自動車工業団体賀詞交歓会で報道陣の囲み取材に応じ2017年の見通しについて「薄曇り」としながらも、「北米と中国中心に新しいクルマも用意しているので、これに向かってチャンスかなと思っている」と述べた。

17年を薄曇りとしたことについて八郷社長は「まだまだ北米、ヨーロッパ、中国という市場がどうなるか少し見えないところがある。ただ基本的な需要はあるので、遠くに太陽があって、その前の雲がなくなればいいなと思っている」と説明した。

また自社の動向に関しては「我々は北米と中国中心に新しいクルマも用意しているので、これに向かってチャンスかなと思っている」とする一方で、「思ったよりも経済の発展が無いと、とくに中国では小型車の駆け込みもあったし、(小型車)減税は維持するといっても増税の部分はある。アメリカもガソリン価格がどうなるかで、ライトラックと乗用車が動くところがでる。我々はリスクへの対応はするが、なかなかすぐ簡単に乗用車からライトトラックへということはできないので、その辺はリスクかなと思う」と話した。
《小松哲也》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

    ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  2. アジア6割、欧米4割「日本産緑茶を飲んだことがある」/海外市場の日本茶ニーズ

    アジア6割、欧米4割「日本産緑茶を飲んだことがある」/海外市場の日本茶ニーズ

  3. 【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

    【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

  4. ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

  5. 自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

  6. 日本海外コンサルら、JICAから受注。ブータンに専門家を派遣

  7. 繊維業界の雄、小松精練成功の3つの戦略とは?

  8. 東京センチュリー、東南アジア地域への事業を拡大

  9. ミャンマーのコンサルティング会社、大阪に日本事務所設立へ

  10. ~国産家具を世界へ!:3~中国・韓国市場は高級家具で勝負

アクセスランキングをもっと見る

page top