LEXUSが地域性あるモノづくりを支援、18日に52人の匠が集う 画像 LEXUSが地域性あるモノづくりを支援、18日に52人の匠が集う

イベント

 地方創生の潮流の中で、その地に根ざした技術や特色を生かしたモノづくりに注目が集まっている。価格や性能だけでなく、商品の背景にあるストーリー性が重視される現在において、何か新たなブランディングを行うにも“地域性”が欠かせない要素であるのは間違いない。

 地域性を重視したモノづくりに取り組む若き人々を“匠”と呼び、そのプロダクトを支援するのが「LEXUS NEW TAKUMI PROJECT」だ。スーパーバイザーに小山薫堂氏を、サポートメンバーに建築家の隅研吾氏、デザイナーのグエナエル・ニコラ氏などを擁し、匠が提案したアイデアを選考。その販売に向けたアドバイスやコンサルティングを実施している。

 そんな52人の匠が自ら作品を持ち込む商談会が、2017年1月18日に開催される。プロジェクトに関心のあるバイヤーにとっては、貴重な商談の機会になるだろう。

 静岡挽物、擬革紙、藍染綿、博多曲物、備前焼など……。会場では全国各地に伝わるすぐれた技術を生かした製品が、各ブースにて出展される。地域の技術や素材を生かしながら、決して伝統にとらわれるばかりではないアイテムの数々。その裏側にあるストーリーも含めた商品力に、当日は多くの注目が集まることになりそうだ。

<開催情報>
■イベント名:LEXUS NEW TAKUMI PROJECT プレゼンテーション(商談会)
■開催期間:2017年1月18日(水)
■開場時間:9時~17時30分
■会場:ベルサール東京日本橋 イベントホール B2F
■参加対象者:バイヤーとメディアのみ入場可能(要事前登録)

width=

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

イベント アクセスランキング

  1. 【インバウンドビジネス総合展:1】青森の小さな村に訪日客を呼ぶために

    【インバウンドビジネス総合展:1】青森の小さな村に訪日客を呼ぶために

  2. 【ウェアラブルEXPO】シャープの超小型レーザープロジェクター、IoT時代の埋め込みデバイスに

    【ウェアラブルEXPO】シャープの超小型レーザープロジェクター、IoT時代の埋め込みデバイスに

  3. 【イーコマースEXPO:1】 BtoB-ECで営業の効率化を実現!

    【イーコマースEXPO:1】 BtoB-ECで営業の効率化を実現!

  4. 「地方創生カレッジ」で進む人材育成、求められる担い手とは?

  5. 【ウェアラブルEXPO】歩けば充電する発電インソール、10秒ごとに位置情報を発信

  6. Workcise(Work+Exercise)で健康経営を実践するイトーキ

  7. メガネスーパーに学ぶ、企業再起のための“三つの方法”

  8. 【国際ロボット展】完熟イチゴの鮮度を保つロボット、ポイントは“茎摘み取り”

  9. 【ギフト・ショー】光で固まる特殊なインクを使った3Dペン玩具

アクセスランキングをもっと見る

page top