飯田橋駅改良工事、ホームを直線化で安全性向上! 画像 飯田橋駅改良工事、ホームを直線化で安全性向上!

インバウンド・地域活性

 JR東日本は、総武線飯田橋駅(東京都千代田区)で進めているホームなどの駅改良事業の本体工事の施工者を鉄建・前田建設JVに決めた。同事業では駅のホームを現在の急曲線区間から移設してほぼ直線化することで、旅客の安全性の向上を図る。20年ごろの完成を予定。既存駅舎などの解体工事は前田建設・鉄建JVが今夏から進めている。
 二つの旧駅を統合して1928年に開業した飯田橋駅は、旧駅から中間の急曲線部に位置する。ホームと車両との隙間が一部大きく開いており、注意喚起の回点灯や転落検知マットなどの安全対策を行ってきた。
 今回の改良事業では駅のホームを現在の急曲線区間から新宿方面に約200メートル移設することで、ほぼ直線にする計画。ホーム移設に合わせて西口駅舎を建て替え、小規模店舗やバリアフリー設備を導入するほか、千代田区と連携して駅前広場(約1000平方メートル)も設ける。
 東口駅舎はそのまま残し、ホーム移設後は旧ホームを東口への連絡通路として改築し、東口の階段やエスカレーター・エレベーターといった昇降設備も再整備する。
 新設するホームは急勾配の箇所に移設するため、線路縦断勾配を改良して新設ホームの勾配が緩やかになるようにする。軌道を最大約510ミリ低下させるため、上下線合わせて約50回に分けて段階的に作業を実施。勾配の変更に合わせて現在のホームを8段階に分けて下げる。
 鉄建JVとの本体工事契約は22日付で締結。今後は旧西口駅舎の人工地盤の撤去や現ホームを仮ホームにする作業、駅前広場整備に向けた支障物の撤去などを進める。

JR東日本/飯田橋駅改良本体工(東京都千代田区)/鉄建JVに、20年完成めざす

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  2. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

    1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  3. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

    虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  4. 高速バスが先手!京急と東急による「羽田空港―大崎駅線」開始

  5. 訪日外国人専用!「まるっと福岡」西鉄電車・バスで乗り放題チケット!

  6. 幻のホームの活用法!? 東京メトロ、銀座線コンペ第4弾を公募

  7. 東京都・豊海地区再開発。189メートルのタワーマンション2棟建設

  8. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  9. 自動化できない「曲げ寸法公差1mm」を実現するハンマー職人

  10. 大阪・うめきたの支線地下化・新駅設置でインバウンド加速へ!

アクセスランキングをもっと見る

page top