トヨタの考える次世代タクシー “日本らしい”タクシーとは? 画像 トヨタの考える次世代タクシー “日本らしい”タクシーとは?

インバウンド・地域活性

トヨタが2017年に市場投入を予定している新型タクシー専用モデル。ロンドンに山高帽を被ったまま乗れるようにと背高デザインが採用されたロンドンタクシーがあるように、日本のタクシーも日本に似合ったもの、日本の風景を作るものであるべきだというフィロソフィーによって開発が進められているという。

日本らしいタクシーというのはどのようなものか。トヨタはそのテーマを「おもてなし」に求めた。安全、安心、環境にやさしい、健常者からハンディキャップまでさまざまな人が同じように使うことができ、乗り降り自体もきわめて楽に行えるといった特性は、すべてこのおもてなしの精神に収斂するものであるという。

街にあふれ返り、どこでも目にするタクシーは、風景作りにも一役買うべきだという考えから、テーマカラーも設定した。明治時代に日本を訪れる欧米人がジャパンブルーと呼んだ「深藍(こいあい)」である。実際には法人タクシーはタクシー会社のコーポレートカラーに塗装されてしまうケースが大半であるため、あくまで理念的なものにとどまるであろうが、新型タクシー開発陣の心意気が垣間見えるポイントといえる。

新型タクシー専用車はタクシーの区分では小型車規格に相当する。現行タクシー専用車『コンフォート』および『クラウンコンフォート』の代替がターゲットになるという。そのクラスの代替は年間1万5000台程度で、新型タクシー専用車の生産スケールも同程度になると予想される。

【トヨタ次世代タクシー】日本らしいタクシーというのはどのようなものか

《井元康一郎》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  2. 最先端のテキスタイルを世界へ!小松精練が今年もパリで単独個展

    最先端のテキスタイルを世界へ!小松精練が今年もパリで単独個展

  3. 尼崎市・園田西武庫線御園工区、建設に本格着手。交通円滑化へ

    尼崎市・園田西武庫線御園工区、建設に本格着手。交通円滑化へ

  4. 栃木・小野寺北小旧校舎の保存を市に要望、日本建築家協会3団体

  5. 高い評価の新潟米「新之助」、強気の値段設定はおいくら?

  6. 羽田空港跡地第2ゾーン、五輪までに宿泊施設開業へ!

  7. ~着地型観光:1~外国人ウケする着地型観光のはじめ方(前編)

  8. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  9. 御殿場アウトレット増設、日帰り温泉できるホテルも!

  10. 地下空洞のサイズや形状を数秒でスキャン、前田建設ら開発

アクセスランキングをもっと見る

page top