トヨタの考える次世代タクシーとは? 今年発売予定 画像 トヨタの考える次世代タクシーとは? 今年発売予定

IT業務効率

セダン、ワゴン、ミニバンといった既存の車型の枠にはまらないまったく新しいユニバーサルデザインを取り入れたタクシー専用車を2017年に発売すべく、鋭意準備中のトヨタ自動車。このたび、その量産モデルのアウトラインについての情報をキャッチしたのでリポートする。

スタイリングは、2013年の東京モーターショーで公開したユニバーサルタクシーの参考出品モデルを、ほぼそのまま踏襲したものになる。ボディサイズは全長4400×全幅1695×全高1740mm。

トヨタの現行タクシー専用モデルは3機種あり、車格が高いほうから順に『クラウンセダン』『クラウンコンフォート』『コンフォート』というラインナップ。ボトムエンドのコンフォートと比較して全幅は変わらず、全長は190mm短く、全高は215mm高い。

このパッケージングは、パセンジャーの乗降のしやすさというユニバーサルデザインを意識して作られたもの。リアドアの開口部は天井近くまで縦方向にきわめて広い。身長の高い人はもちろん、腰をかがめるのが負担になる高齢者、妊婦、ハンディキャップなど、さまざまなパセンジャーが乗り降りしやすいようデザインされているのだ。助手席を前に倒せば、なんと車椅子を人が乗った状態のまま車内に収容することも可能であるという。

同時にタクシーの運用性の向上も狙っている。全長を大きく切り詰めることは、乗り場の車列を短くすることにつながる。また自動ドアとなる左側のリアドアは今日のタクシー車両の主流であるスイングドアではなくミニバンのようなスライドドア。ドア開閉に必要な路肩のスペースは今より格段に小さくなりそうだ。

全長は短くなるが、荷室は長期旅行用の大型トランクが2個平積みできるだけの容積が確保されている。日本は現在、海外からの観光客を増やす政策を打っており、2020年には東京オリンピックも開催される。国際空港に到着した海外からの旅行客の送迎にも使えるようにという配慮が設計段階でなされているのだ。

【トヨタ次世代タクシー】東京モーターショーから量産化、2017年発売予定

《井元康一郎》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  2. 中国でロボット導入が過熱! 6万人を置き換える工場も!

    中国でロボット導入が過熱! 6万人を置き換える工場も!

  3. 鹿野川ダムリニューアル、水中作業の機械化で潜水士の作業を大幅減

    鹿野川ダムリニューアル、水中作業の機械化で潜水士の作業を大幅減

  4. AIで学生評価、負担軽減・公平性担保を/近畿大学×TDCソフト

  5. テレインフォ、ドローンを活用した施設保守点検サービス開始

  6. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

  7. 国交省・森昌文技監「既にオープンイノベーションの動きは始まっている」

  8. 「アスクルの物流大改革」VS「アマゾン・楽天」!!

  9. 雷を避けてこそ「避雷針」――消イオン容量型避雷針

  10. 売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?(続編)

アクセスランキングをもっと見る

page top