栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も 画像 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

インバウンド・地域活性

 栃木県は15日、一般競争入札(WTO対象)を14日に開札した「総合スポーツゾーン新スタジアム新築工事」の落札者を、133億円で鹿島・増渕組・渡辺建設・那須土木・磯部建設・浜屋組JVに決めた。入札には大林組・東武建設・中村土建・日豊工業・板橋組・佐藤工業JVも参加したが、応札額が予定価格を上回ったため無効となった。工期は19年9月30日まで。
 工事場所は宇都宮市西川田2。建物の規模はRC一部S・SRC造4階建て延べ4万2168平方メートル。屋根には鉄骨架構の膜屋根を採用する。施設内には、400メートルトラック9レーンの陸上競技場と、Jリーグの施設基準に準拠した天然芝のサッカー場を整備する。観客席を約2万5000席設ける予定だ。設計業務は久米設計・AIS総合設計・本澤建築設計事務所JVが担当している。
 県は、西川田の栃木県総合運動公園や元競馬場などにスポーツ施設を集約する事業を進めている。新スタジアムは、このうち北側に整備される。
 新スタジアムの新築工事では、別途、電気、給排水衛生、空調の3件の設備工事の入札を実施済みで、今後結果を公表する。

栃木県/総合スポーツゾーン新スタジアム新築(宇都宮市)/鹿島JVに

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

    狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 「コナミクリエイティブセンター銀座」、スマホ向けゲームの開発拠点に!

  5. 東池袋駅直上部の再開発、高さ125m、新たに二つの広場も

  6. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  7. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  8. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  9. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

  10. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

アクセスランキングをもっと見る

page top