日本政府観光局、ジャカルタで3月にトラベルフェア開催 画像 日本政府観光局、ジャカルタで3月にトラベルフェア開催

インバウンド・地域活性

「Japan Travel Fair 2017 Spring&Summer」
日本政府観光局(JNTO)は、来年3月3日から5日までの3日間、現地消費者に向けたトラベルフェア「Japan Travel Fair 2017 Spring&Summer」をジャカルタで開催する。

開催場所はジャカルタ市内「コタカサブランカ・モール」。モールの平均来場者数は、平日約14万人、休日約16万人という。日本旅行の情報を発信するには得がたい機会となる。

トラベルフェア概要
同イベントでは、現地旅行会社が訪日旅行商品を販売することに加え、日本側出展者とJNTOが各ブースで日本の観光情報を発信する。日本側出展者によるブースでの商品販売は禁止となっている。

今年9月に開催された同イベントは、約5万人が会場を訪れ、日本行き航空券の購入者が3,000人以上に上るなど活況を呈した。

参加を希望する場合
参加希望者は、募集締め切りとなる今月26日までに、指定の申し込みフォームに記入の上、JNTOまで申し込みを行う必要がある。

同イベントは、平成28年度ビジット・ジャパン事業の一環。同国の他、インド、ロシア、イタリア、フィリピン、ベトナムなどでも開催される予定。

(画像は日本政府観光局ホームページより)

日本政府観光局、ジャカルタでトラベルフェア開催 来年3月

《インドネシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

    <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  2. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

    那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

  3. 新さっぽろ駅周辺地区開発/大学や商業施設を開発

    新さっぽろ駅周辺地区開発/大学や商業施設を開発

  4. ソニー旧本社跡地「御殿山エリア」開発/18年3月末にオフィスビル着工へ

  5. 西宮駅南西地区再開発、37階建てなど3棟を計画

  6. 急速にFIT化するインバウンド市場。新しいタイプのバス商品が登場

  7. 品川駅西口駅前広場整備、リニア新幹線開通で未来型の空間へ

  8. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  9. 観光バス・営業車・トラック輸送への影響大かーー千葉県道路公社が7路線を夏季無料開放

  10. ゆりかもめ「市場前」駅前でオフィスとホテル開発/19年3月着工

アクセスランキングをもっと見る

page top