【劇場型で魅せる飲食店:3】ビール愛好家を惹きつけるブルーパブとは? 画像 【劇場型で魅せる飲食店:3】ビール愛好家を惹きつけるブルーパブとは?

インバウンド・地域活性

【記事のポイント】
▼嗜好性の高いクラフトビールは、コアな愛好家を集める
▼手作り感の演出や体験でファンを獲得
▼クラフトムーブメントの利点の一つはコスト抑制
▼多種多様な品種をそろえることが重要


■ニーズをつかみコスト減にもなる“ビール自社生産”

 大量生産による大衆的な売れ筋商品よりも、少量多品種の個性あるモノづくりが注目される時代である。このような時流に乗ってブームを呼んだものの一つが、小規模醸造によるクラフトビールだろう。そこからさらに一歩進んで、近年ジワジワと数を増やしているのがブルーパブ。醸造所を併設したビアバーだ。

 東京・新宿を中心に複数の飲食店経営を行うライナ株式会社が、ブルーパブ「Vector Beer Factory」をオープンしたのは、約2年前のこと。すでに、近隣にクラフトビールを扱う飲食店「Vector Beer」を展開しており、これが本格的なビア業態参入へのきっかけとなった。

 ライナ代表取締役の小川雅弘氏は、クラフトビール好きが高じてビアパブを開いたという、生粋のクラフトビール愛好家。その愛好家目線があったからこそ、ブルーパブという業態の商機に気づいたといえる。

「仕入れるビールが他店と同じでは面白味がありません。ここでしか飲めないオリジナルのビールがあることが重要なんです。クラフトビールの仕入れ値は高く、長い目で見れば、醸造所を併設した方がコスト的にもメリットがあります」

■手作り感を強調して、愛好家のファンを増やす

 Vector Beer Factoryの壁はコンクリート打ちっぱなしで、ガス管をアレンジした照明などが、どこか工場らしい雰囲気を醸している。実はこの照明からイスやテーブルまで、店内におかれたインテリアは、小川氏をはじめとしたスタッフが自作したもの。「プロに頼むよりも個性を演出でき、コストも節約できる」という、同氏のアイディアだ。

 そんな、手作り感や工場らしさを演出している店内では、「新宿ビアブルーイング」と名付けた見学会を月に1回開催。原料や製造工程について学んだあとは、ビールのレシピを作成し、作業を手伝うことができる。ホップを選ぶ人、アルコール度数を決める人、フルーツを選ぶ人、ビールに名前を付ける人などの役割分担が決められ、ビール造りの面白さを肌で体験できるという仕組みだ。

 「参加した方には、『ビールがこんなに手軽に作れるのか』と感動していただけます」と小川氏は言う。カウンターの奥にある小さな醸造所で、ビールが作られている様子を間近に体験することは、普段お店を利用している客にとってもインパクトがある。店で提供しているビールのひとつ、『アンナJAPAN』は見学会で作られたもの。ただ、味わうだけでは体験できない、クラフトビールの魅力が多くの客を魅了している。

《斉藤裕子/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  2. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  3. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  4. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

  7. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  8. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  9. 東京・晴海五丁目西地区の選手村整備、着手へ

  10. JTB、ファーストクラスの乗り心地バスを導入。「寛ぎ」を追求

アクセスランキングをもっと見る

page top