~中小工場のIoT化最前線:1~見える化で生産性を向上! 画像 ~中小工場のIoT化最前線:1~見える化で生産性を向上!

IT業務効率

【記事のポイント】
▼IoTで機械の稼働状況を見える化、その平準化が生産力向上を生む
▼工場の機械やその配置で、IoT導入の予算は変化する


■ドイツに続け! 強い中小企業をIoTで生む

 以前から家電の世界などで盛り上がっていたIoTが、インダストリー4.0という名前とともに、工場での利用が本格化しはじめている。元々これはドイツから始まった動きで、語源としては“第四次産業革命”といった意味合いになるだろうか。生産性を向上させる取り組みとして、世界中の事業者から注目を集めている。

 「IoTによる中堅・中小企業の競争力強化に関する研究会」を主宰する、独立行政法人経済産業研究所上席研究員の岩本晃一氏によると、ドイツでは特に中小企業にインダストリー4.0を導入する動きが、ここ1~2年で活発化しているという。

「ドイツは99%以上と、日本と同じぐらい中小企業の比率が多い国です。そのうち、“Hidden Champion(隠れたチャンピオン)”と呼ばれる、強い企業が経済を支えており、競争力を高めるために国も積極的な支援を行っています。この構図は日本に通じるものがあると言えるでしょう」

 岩本氏が研究会を立ち上げたのも、このような潮流を見てのこと。そのモデル企業となるような中小企業を募集して、IoTの導入についての議論を行っている。

■工場の設備によって、IoT導入の難易度は変わる

 岩本氏によると工場におけるIoT導入は、まずその稼働状況を知ることから始まるという。その方法は大きく2つ。ひとつは機械を管理しているCNC(数値制御装置)から、稼働状況を電気信号として抜き出す方法。もう一つが、機械の稼働ランプやメーターなどの変化を、センサーなどでデータ化する方法だ。

 このうち、前者については数百万の予算で、さほど手間なく対応が可能だという。生産性や省力化が進めば、そう遠くなく投資を回収する道もあるだろう。ただ、中小企業でCNCに対応した機械を使用している工場は少ない。研究会に参加している4社の工場でも、導入しているところはなかったという。

 そのため、研究会ではセンサーやライブカメラなどを利用して、機械の稼働状況を見える化する方法を検討してきた。ただ、設立から約1年が経つが、その答えはまだ出ていないという。

 例えば、研究会に参加している正田製作所では始業時、昼休み後、終業時に人の手で行っていた計測値の記入作業について、IoTを導入しようと考えたという。そこで、その間に機械が稼働する生産力、代替される人件費などを計算してみたが、投資を数年で回収できるようなプランはまだ固まっていないようだ。

《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 山梨市を巨大“実験場”に、ブドウ園に環境センサー、果樹ICT化構想スタート!

    山梨市を巨大“実験場”に、ブドウ園に環境センサー、果樹ICT化構想スタート!

  2. AI活用の次世代タクシー配車アプリ「タクベル」、DeNAがリリース

    AI活用の次世代タクシー配車アプリ「タクベル」、DeNAがリリース

  3. ネットで“おさがり”を実現、子供服の物々交換サービス

    ネットで“おさがり”を実現、子供服の物々交換サービス

  4. 売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?(続編)

  5. ドコモのdポイントの狙い、ガラケーをやめない理由――夏モデル発表記者会見

  6. 万引き防止ゲートをRFID対応に――在庫管理にも応用可能

  7. 水が凍結する時の圧力で壁解体! 環境に優しい工法

  8. ブリヂストン、免震ゴムの納入・適用拡大

  9. サービス業のIT利用最前線!1  老舗旅館がタブレットで変革

  10. JVCケンウッド、次世代タクシー配車システム、IoTやクラウドを活用

アクセスランキングをもっと見る

page top