HJHJアーカイブス:05「大ヒット“逃げ恥”に知る、若者の契約観」 画像 HJHJアーカイブス:05「大ヒット“逃げ恥”に知る、若者の契約観」

人材

「HJHJアーカイブス」では、年末年始にもう一度振り返りたい記事を、過去の記録からピックアップしてお届けします。第五回目は最終話の余韻が未だ残る、あの人気ドラマに現代流の“契約”の価値観を見出したコラムです。

 エンドロールの“恋ダンス”でも視聴者の話題をさらったのが、TBS系ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』です。夫婦を会社に、結婚を仕事に見立てて、主婦の仕事を賃金に換算するという“契約結婚”を題材にした物語は、その異色なエピソードが多くのファンを呼びました。そこには契約に対する、若者の価値観の変化を垣間見ることができます。そんな、現代流の雇用主と従業員の関係という視点から、作品の見どころをドラマ評論家の成馬零一氏が解説しました。(16年10月25日の記事)

-----------------------------------------
ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』に見る“契約”の価値観

 秋クールの新作ドラマが出揃ったが、一番の注目作は『逃げるは恥だが役に立つ』(以下『逃げ恥』)だろう。本作はTBS系で夜10時から放送されている契約結婚をモチーフとしたドラマだ。

 主人公の森山みくり(新垣結衣)は大学院に進み、臨床心理士の資格を習得。しかし、どこにも就職できずに派遣社員として働いていたが、派遣切りに遭ってしまう。父親の紹介で家事代行の仕事を始めるのだが、そこでIT企業で働く津崎平匡(星野源)の家を訪れる。津崎は潔癖症で他人と関わることを極端に嫌がる性格だったが、丁寧な仕事が認められて働くことになる。しかし、父の定年退職をきっかけに両親が田舎に引っ越すことに。

 みくりは一人暮らしをするか親と同行するか選択を迫られるが無職で収入がないために親について行こうと決める。別れの挨拶を津崎にするみくり。しかし、ふとしたきっかけで、二人は契約結婚をして周囲に内緒で、津崎が雇用主=夫、みくりが従業員=妻という関係で一緒に暮らし始める。

 初回の平均視聴率は10.2%(関東地区)と決して高いものではなかったが、第二話では12.1%(同)へと上昇。ほとんどの連続ドラマの視聴率は第一話が高く、第二話で下がるものだ。逆に言うと、第二話で視聴率が上がる作品は、初回が面白いと評価されたドラマだと言える。今後どうなるかはわからないが、序盤は文句なしのスタートだと言えよう。

 人気のポイントは、何と言っても主演のガッキ-こと新垣結衣と、ミュージシャンとしても高い評価を得ている星野源のコンビだろう。近年のドラマはどうしても男性ファンか女性ファンの人気に特化しがちだが、男優も女優も魅力的で、双方にファンがついてる状況は珍しいのではないかと思う。

 また、ドラマ以上に話題となったのは、エンドロールで星野源の「恋」にのって流れるガッキーたちのダンスシーン。この「恋ダンス」は放送終了後にフルバージョンがYOUTUBEにアップロードされ、一週間で609万再生を果たした。

 脚本を担当したのは今年の春に放送された連続ドラマ『重版出来!』(TBS系)が高く評価された野木亜紀子。『図書館戦争』シリーズや『俺物語!!』といった映画の脚本を手掛ける野木は原作モノの名手だ。近年、漫画や小説を実写映像化すると必ず物議を巻き起こすが、彼女の手掛けた原作モノはどれも評価が高い。

《HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 国交省人事/次官に毛利信二氏、森昌文技監は留任

    国交省人事/次官に毛利信二氏、森昌文技監は留任

  2. ヤマト運輸、車両長25mの連結トレーラを日本初導入へ/ドライバー不足対応で

    ヤマト運輸、車両長25mの連結トレーラを日本初導入へ/ドライバー不足対応で

  3. 現場で働く女性技術者のための休憩室「りんくるハウス」を設置/中部整備局愛知国道

    現場で働く女性技術者のための休憩室「りんくるハウス」を設置/中部整備局愛知国道

  4. 事業承継の2017年問題:1  M&A成功のポイントはどこにある?

  5. 電設協、全建に働き方改革への協力要請/現場社員の長時間労働改善へ

アクセスランキングをもっと見る

page top