2017年1月のニュースまとめ一覧

東京都・豊海地区再開発。189メートルのタワーマンション2棟建設 画像
インバウンド・地域活性

東京都・豊海地区再開発。189メートルのタワーマンション2棟建設

 東京都中央区の「豊海地区再開発準備組合」(衣川洋理事長)は、東京臨海部に最高高さ189メートルのタワーマンション2棟を建設する第1種市街地再開発事業の環境影響評価書案を都に提出した。20年度の着工、25年度の竣工を目指 […]

東京港湾臨港道路南北線で沈埋函の初出渠。国内最長の134m! 画像
インバウンド・地域活性

東京港湾臨港道路南北線で沈埋函の初出渠。国内最長の134m!

 関東地方整備局東京港湾事務所は16年12月28日、東京港臨港道路南北線の本体となる国内最長の沈埋函の初出渠を報道陣に公開した。三菱重工業横浜製作所(横浜市中区)の製作ドックで完成した長さ134メートルの沈埋函(鋼殻)を […]

アイ・ケイ・ケイ、インドネシアで婚礼事業を展開。初の海外進出 画像
海外進出

アイ・ケイ・ケイ、インドネシアで婚礼事業を展開。初の海外進出

現地子会社を設立佐賀県伊万里市に本店を構え、結婚式・披露宴の企画・運営を行うアイ・ケイ・ケイは、1月より、インドネシアに進出すると発表した。 現地子…

建設現場向け自律型清掃ロボット、1平米当たり0.4分で清掃! 画像
IT業務効率

建設現場向け自律型清掃ロボット、1平米当たり0.4分で清掃!

 大成建設は、建設現場の清掃を自動で行う自律型清掃ロボットを開発した。床面の散乱物や粉じんなどの状況を自ら判断して清掃する。現場の労働者の減少が課題となる中、現場作業の省力化、省人化につながるシステムとして期待される。 […]

自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス! 画像
海外進出

自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

日本企業とミャンマー企業の合弁で設立された整備会社”サカイ&ポールスター社(Sakai & Polestar Automobiles)”の日本人店長、鈴木氏にミャンマーでの整備ビジネスの現状について話を聞いた。

糸魚川火災の教訓、自治体に大規模火災の危険性確認 画像
インバウンド・地域活性

糸魚川火災の教訓、自治体に大規模火災の危険性確認

 石井啓一国土交通相は6日の閣議後の記者会見で、昨年12月に新潟県糸魚川市で発生した大規模火災を受け、地方自治体に対し、大規模火災が発生する危険性の高い市街地がないかどうかを確認し、必要な対策を講じるよう求める方針を示し […]

牛乳はどこで買う? いま増えているのは・・・ 画像
制度・ビジネスチャンス

牛乳はどこで買う? いま増えているのは・・・

 牛乳類をコンビニエンスストアで購入する人の割合が徐々に増えていることが、Jミルクが実施した牛乳・乳製品食生活動向調査で分かった。一度に購入する量も、500ミリリットル以下の小容量という消費者が増えて

横須賀市、民泊で海外からの教育旅行を受け入れ 画像
インバウンド・地域活性

横須賀市、民泊で海外からの教育旅行を受け入れ

民泊体験神奈川県横須賀市では、国際交流を目的とした海外からの教育旅行を受け入れる民泊事業を行っている。 2015年、初めての海外からの受け入れ事業とし…

“派手好き”インバウンド、演出の工夫を探る! 画像
インバウンド・地域活性

“派手好き”インバウンド、演出の工夫を探る!

 インバウンドの増加に伴い、その集客につながるような取り組みが観光向けの施設で増えている。中には、いわゆる外国人が考える“ザ・日本”を前面に打ち出した、写真映えのする派手な演出も少なくない。

茨木駅西口の再開発、駅前ビル再生で方針決定 画像
インバウンド・地域活性

茨木駅西口の再開発、駅前ビル再生で方針決定

 JR西日本茨木駅西口=写真=の再開発事業が動きだす見通しになっていることが分かった。茨木駅前ビル(大阪府茨木市西駅前町4)再整備検討委員会は市街地再開発事業でビルを再生する方針を決定。ビル管理組合は再開発推進決議案を今 […]

C4が施工管理職専門の人材紹介事業を全国展開へ、スピーディーなマッチング 画像
人材

C4が施工管理職専門の人材紹介事業を全国展開へ、スピーディーなマッチング

 施工管理職に特化した求人ウェブサイト「施工管理求人ナビ」を運営するC4(横浜市港北区、上村隆雅代表取締役)は、首都圏などでの需要の高まりを受け、これまで東北地方の震災復興現場への人材派遣が中心だったサービスの全国展開を […]

静岡県・富士駅北口再開発、2月にプラン検討会が始動 画像
インバウンド・地域活性

静岡県・富士駅北口再開発、2月にプラン検討会が始動

 静岡県富士市のJR富士駅北口の再開発計画が動きだした。地権者36人でつくる富士駅北口第一地区市街地再開発準備組合(大石眞行理事長)が昨年12月に発足。本年度事業計画として再開発プランなどをテーマとした検討会を2月ごろに […]

【AIで変わる経営:1】分析による裏付け、サイト内の集客増に 画像
IT業務効率

【AIで変わる経営:1】分析による裏付け、サイト内の集客増に

 AI(人工知能)を業務効率化に役立てようという動きを、ここ最近よく耳にするようになった。ビジネスの現状分析をはじめ、生産計画や市場予測など、経営の意思決定にかかわる領域でAIの活用が進んでいるようだ。

森トラストが沖縄県恩納村のリゾートホテル取得、敷地内で開発検討 画像
インバウンド・地域活性

森トラストが沖縄県恩納村のリゾートホテル取得、敷地内で開発検討

 森トラストは4日、沖縄県恩納村のリゾートホテル「シェラトン沖縄サンマリーナリゾート」=写真=を取得したと発表した。敷地内には既存施設に加えて広大な未利用地が残されているため、新たな開発計画の検討に着手した。  ホテルの […]

死傷事件の津久井やまゆり園、全面建替で再生のシンボルに 画像
インバウンド・地域活性

死傷事件の津久井やまゆり園、全面建替で再生のシンボルに

 神奈川県は6日、障害者施設「津久井やまゆり園」(相模原市緑区千木良476)の再生基本計画策定に向けた基本的な考え方を公表した。現在地で全面的に建て替え、再生のシンボルとなる新たな施設を建設する。16年度中に基本構想をま […]

日本自動車工業会、最も重要なことは「国内市場活性化」 画像
制度・ビジネスチャンス

日本自動車工業会、最も重要なことは「国内市場活性化」

「今年1年おそらく平穏ではなく、タフでチャレンジングな年になると考える。それを上回るタフで強い事業展開を行い、変化をビジネスチャンスとしてとらえて、その結果日本市場に活気をもららす。そのように会員各社と取り組んでいきたい」

ポスト五輪、建設市場もインバウンド需要で。極端な落ち込みなしの予測 画像
制度・ビジネスチャンス

ポスト五輪、建設市場もインバウンド需要で。極端な落ち込みなしの予測

 ◇将来へ布石打つ動き加速  2020年東京五輪後も首都圏では大規模な開発がしばらく続くとみられる。リニア中央新幹線計画も、27年に予定されている東京~名古屋間開業以降も、大阪へ向けた延伸工事が続く。地方中核都市では駅前 […]

17年の建設業界、キーワードに生産性向上と働き方改革 画像
制度・ビジネスチャンス

17年の建設業界、キーワードに生産性向上と働き方改革

 2017年の仕事始めを迎えた4日、建設業界各社ではトップが社員に年頭のあいさつを行った。業界全体に吹く追い風に乗り、各社とも好調な業績が続く中で新年がスタート。そうした中、多くのトップが「生産性向上」と「働き方改革」を […]

【社歌コン 応募社の横顔:6】社長を感動させた職人の結束-高知の竹材製造 画像
人材

【社歌コン 応募社の横顔:6】社長を感動させた職人の結束-高知の竹材製造

 HANJO HANJOでは社内のコミュニケーションを盛り上げるものとして、社歌に注目してきました。現在、開催中の「中小企業 社歌コンテスト」では、企業の想いが詰まった社歌が主役の動画を募集しています。

東京外環プロジェクト・女性技術者の会、魅力的な建設現場づくりへ! 画像
人材

東京外環プロジェクト・女性技術者の会、魅力的な建設現場づくりへ!

 東京外かく環状道路(外環道)の建設現場で、誰もが働きやすい魅力的な環境を形成していくため、関東地方整備局や建設会社などで働く女性技術者らで構成する「東京外環プロジェクト・女性技術者の会(仮称)」が発足した=写真。16年 […]

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Page 1 of 5
page top