東京・南小岩六丁目地区再開発、駅前に新たなにぎわい拠点 画像 東京・南小岩六丁目地区再開発、駅前に新たなにぎわい拠点

インバウンド・地域活性

 東京都は15日、江戸川区のJR小岩駅前で再開発ビルの建設を計画している「南小岩六丁目地区市街地再開発組合」の設立を認可する。高さ100メートル級のビル2棟など総延べ床面積8万7050平方メートルの建築物や区画街路、立体歩行者通路などを一体で整備し、駅前に新たなにぎわい拠点を形成する。18年2月の権利変換計画認可、同8月の工事着手、24年11月の竣工を目指す。
 実施設計、施工などを行う特定業務代行者は清水建設・野村不動産・タカラレーベンJV。事業コンサルタントにはタカハ都市科学研究所、参加組合員には野村不動産(幹事企業)、タカラレーベン、清水建設がそれぞれ参画している。
 再開発ビルの建設工事は計画地(江戸川区南小岩6ほか、地区面積1・3ヘクタール)を3街区に分けて進める。総事業費は約506億円。
 駅寄りのi街区にS造10階建て延べ7240平方メートルの商業施設(高さ44メートル)、中央のii街区にRC・S造地下1階地上30階建て延べ2万7770平方メートルの住宅・業務・商業施設(同107メートル)、残りのiii街区にRC・S造地下2階地上32階建て延べ5万2040平方メートルの住宅・商業・公共駐輪施設(同108メートル)を建設する。
 ii、iii両街区の間には延長99メートル、幅員12メートルの道路も新設。立体歩行者通路は再開発ビルの2階に相当する高さに設ける。

南小岩六丁目地区再開発(東京都江戸川区)/都が12月15日に組合設立認可

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「旅に出る価値を生む仕組み」を再構築できるか?

    「旅に出る価値を生む仕組み」を再構築できるか?

  2. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

    名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. エシカルな「食」が都会と地方を結ぶ!

  5. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  6. 新橋駅前ビル周辺再開発、輝きを取り戻せるか?

  7. 都市型ホテル「東急ステイ」全国展開へ、地方へのインバウンドに対応

  8. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

  9. 八戸市の屋内スケート場建築、69億4000万円

  10. 日本レーベンが札幌市中央区にサ高住複合施設を計画。医療施設併設、11月着工めざす

アクセスランキングをもっと見る

page top