大阪城パークセンター、旧第四師団司令部庁舎はどう変わるのか? 画像 大阪城パークセンター、旧第四師団司令部庁舎はどう変わるのか?

インバウンド・地域活性

 大阪城パークマネジメント共同事業体(大阪城パークセンター)は9日、大阪城公園(大阪市中央区)の魅力向上に向け、新たに整備する2施設の計画概要を発表した。JR大阪城公園駅前に複合施設「JO-TERRACE OSAKA(ジョー・テラス・オオサカ)」を新設するほか、公園内の歴史的建造物「旧第四師団司令部庁舎」を改修し、飲食物販・歴史体験施設として整備する。設計・施工を大和ハウス工業が担当している。
 駅前のジョー・テラス・オオサカは、S造2階建て延べ4823平方メートルで、レストランやカフェなど計15店舗が入る。13日に建設工事に着手し、17年6月上旬の開業を目指す。総工費は約15億円を見込む。
 本丸広場にある旧第四師団司令部庁舎(元大阪市立博物館)は、RC造地下1階地上3階建て延べ約7000メートル。耐震補強を行った上で、カフェやレストラン、土産物販売、歴史体験施設が入る複合施設にリニューアルする計画だ。9月中旬から耐震補強工事を進めており、17年10月ごろの開業を目指す。総工費は約15億5000万円。
 同日、公園内の大阪迎賓館で記者発表会が行われ、井上雅之大阪市経済戦略局長は「大阪城公園駅前から大阪城ホールまでの間は寂しい空間だったが、複合施設の開業により、さらに公園の魅力が高まる。旧第四師団司令部庁舎は屋上を開放し、集客施設の整備も計画されており、新たな大阪城の魅力の一つになる」と期待を寄せた。続いて、大阪城パークマネジメント会社の米田巳智泰取締役施設総務部長が、これまで行ってきた魅力向上事業を振り返るとともに、新施設の計画概要を説明した。

大阪城パークセンター/大阪城公園に集客施設整備計画/設計・施工は大和ハウス工業

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その6

    富裕層インバウンドの法則その6

  2. 大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

    大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

  3. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  4. 西日暮里駅前地区再開発、JRと舎人ライナーのアクセス向上も

  5. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  6. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  7. 中部国際空港の複合施設、これまでに例のない新しい空間へ

  8. 地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

  9. 東京23区内の2016年度大規模開発、都心部で活況続く!

  10. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

アクセスランキングをもっと見る

page top