山岳トンネル補助の新工法登場、水使わず鉄矢木を機械打設! 画像 山岳トンネル補助の新工法登場、水使わず鉄矢木を機械打設!

IT業務効率

 戸田建設と古河ロックドリルは、山岳トンネル工法(NATM)の軟弱地山での補助工法として「フォアプレート工法(鉄矢木の機械式無水打撃工法)」を開発した。既存のドリルジャンボのガイドセル部(削孔機構部)に改良を加えることで、削孔の際に水を使用せずにトンネル天端部に鉄矢木を打設する。水による地山の劣化や軟弱化を発生させずに、安全で施工性に優れた天端崩落防止対策を施すことができる。
 従来、人力で打設していた鉄矢木を汎用ドリルジャンボで機械的に打設できるよう改良した。機械化により、作業員が切羽前面で作業する必要がなくなり、安全性が向上。モルタルなどの定着材も不要のため、施工サイクルが短縮され、打設完了と同時に天端を安定させる効果も発揮する。あらかじめ削孔することなく鉄矢木を直接地山に挿入するため、水が不要なのも特徴だ。
 軟弱地山の天端安定対策補助工法としては、鉄筋などを挿入するモルタル充てん式の「フォアポーリング工法」が一般的。フォアポーリング工法は水を使用するため、軟弱地山の場合は天端前方部の地山をさらに緩める可能性があるほか、孔壁が崩落してモルタルの充てん不足やボルトが挿入困難になることなどが課題だった。
 開発したフォアプレート工法を活用することで、地山の安定性と安全性を両立させることができる。両社は均一土質の模擬地山で打設実験を行い、毎分約6メートルの打設速度を実現。従来工法と比較して、削孔時間がほぼ同等であることを確認した。
 戸田建設は今後、山岳トンネルの坑口部や小土かぶり部などの軟弱地山や、強風化花こう岩などに対して新工法を活用していく。

戸田建設、古河ロックドリル/山岳トンネル補助工法開発/水使わず鉄矢木機械打設

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

    【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

  2. 【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

    【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

  3. 【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

    【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  4. 農業・手作業だった誘引作業を簡単に行える機械が登場!

  5. ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

  6. ロボットトラクターで世界初の4台協調作業

  7. VRによる未来のコミュニケーションとは?

  8. リオ五輪出場のタイ人女子プロゴルファー、飛距離の秘密は日本製!

  9. 山岳トンネル補助の新工法登場、水使わず鉄矢木を機械打設!

  10. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

アクセスランキングをもっと見る

page top