「ラー麦女子部」が活躍中!ところで、ラー麦って何? 画像 「ラー麦女子部」が活躍中!ところで、ラー麦って何?

IT業務効率

 ラーメン専用小麦「ラー麦」のPRに、一般女性を中心につくる「ラー麦女子部」が活躍している。ターゲットはラーメンを口にする機会が少ない女性層。同性の視点を生かし、イベントや情報交流サイト(SNS)で情報を発信して、ラー麦の消費を伸ばす狙いだ。専門家は「消費者が共感を得やすい」と分析する。

 同女性部は、製粉振興会などでつくるコムギケーション倶楽部(くらぶ)(東京都中央区)が、女性の消費を広げようと、2015年10月に結成した。製粉会社の女性社員4人と、会社員や学生ら25人の一般女性がメンバーだ。ラー麦を使ったラーメン店を訪問し、SNSで紹介。メンバーがラーメンを食べる姿を投稿することで、知らない店に入ることに抵抗を持つ女性が、安心して来店できるよう促している。

 ラー麦発売から7周年を迎えた11月には、一般女性40人を集め、福岡市内のホテルでラー麦の紹介イベントを開催。普段ラーメンを口にしない女性にも、ラー麦を知ってもらおうと、メニューの随所に「ラー麦」を使った創作コースを振る舞った。

 ラーメン専用小麦のPRとしては型破りな手法だが、福岡県筑後市から参加した福枝保子さん(47)は「どの調理法でもこしの強さや香りの良さが際立っている。ラー麦を使ったラーメン店にも食事に行ってみたい」と話すなど、着実にファンを増やしている。

 事務局を務める久原ルミ子さんは、あえてターゲットを“女性”に絞る理由を「消費の中心が男性だからこそ、女性層は開拓する余地が大きい」と強調する。

 インターネット調査会社マクロミル(東京都港区)の調べでは、月に1回以上ラーメンを食べる男性は43.3%。女性は半分に近い24.7%だった。

ラー麦PR女性活躍 イベント、SNSで情報発信

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~AIで変わる経営:1~分析による裏付け、サイト内の集客増に

    ~AIで変わる経営:1~分析による裏付け、サイト内の集客増に

  2. アメリカから考える日本版シェアリングエコノミーの未来:後編

    アメリカから考える日本版シェアリングエコノミーの未来:後編

  3. 君津市に全国最大級のドローン飛行場/アイネットら4者、ドローン事業包括受注へ

    君津市に全国最大級のドローン飛行場/アイネットら4者、ドローン事業包括受注へ

  4. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  5. アメリカから考える日本版シェアリングエコノミーの未来:前編

  6. ドル・元払いに対応、外国人特化の日本酒通販サイトオープン

  7. ~シェア経済が生む新ビジネス:1~バッグを共有する世代の登場

  8. スーパー精肉売り場、小型モニターのメニュー提案で売上増!

  9. 東京駅日本橋口前・日本ビルの部分解体工事を公開

  10. 東日本高速会社が外環道・田尻工事でシールド機発進、外径13m超

アクセスランキングをもっと見る

page top