「タイの日本食」2、タイの寿司では定番のサーモン 画像 「タイの日本食」2、タイの寿司では定番のサーモン

海外進出

 サーモンの寿司や刺し身というのは昔、欧米諸国の日本食レストランでは普通に見かけたが、日本にはなかったと記憶している。タイでは、日本食がブームになるころにはすでにあり、今や寿司や刺し身のメインはサーモン、と思うぐらいに一般的だ。

 日本食チェーンのZEN系列の「オン ザ テーブル Tokyo Cafe」はタイの日本食として「炙りサーモン ツイスト巻き」(320B)を出している。握りとカリフォルニア巻きがミックスしたようなスタイル。日本人ならイクラを乗せるところだが、ここではタイらしく(トビコではなく)エビコ。寿司でもおにぎりでも、タイ人はエビコが好きのようだ。

 サーモンは脂が乗っていて、こってりしている。もう少し炙りを効かせれば香ばしくなるかと思うが、焦げ味は少しでも避けたいのかも知れない。タイ人との食事に頼んでみたい。

on the table オン ザ テーブルTokyo Cafe
住 セントラルデパート内を中心にバンコク都内全16店
  (写真はセントラル・ラマ9世店)
時 10:00―22:00(セントラル・ラマ9世店)
電 02-719-5000(Zen Corporation)

「日本の洋食」ならぬ「タイの日本食」-2 タイの寿司では定番のサーモン

《newsclip》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 【Sakeの海外戦略:6】アメリカ生産の日本酒が市場を作る!

    【Sakeの海外戦略:6】アメリカ生産の日本酒が市場を作る!

  2. インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

    インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

  3. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

    マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  4. 【Sakeの海外戦略:1】世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  5. 【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

  6. 居酒屋「四十八漁場」、シンガポールに初の海外店

  7. 日本の「質の高い」インフラ輸出、ウガンダ・ザンビアと定期官民対話へ

  8. ベトナムETCシステム統合、日本企業らで実証事業

  9. コピー商品対策に朗報――海外への意匠登録が一括出願可能に

  10. マレーシアの家計所得増加、ジニ係数(貧富の差)は改善傾向

アクセスランキングをもっと見る

page top