バリ島の絶景撮影スポット、旅好きが決めたランキング上位は? 画像 バリ島の絶景撮影スポット、旅好きが決めたランキング上位は?

海外進出

「H.I.S. SNS 旅トレンド調査」
旅行大手エイチ・アイ・エス(HIS)は、SNSで人気のスポットを写真などから探すことができるサイトSNAPLACEと共同で、「投票してNo.1を決めよう!行ってみたいバリ島のフォトジェニックスポット」と題したトレンド調査を行った。

同社が運用する各種SNSフォロワーを対象に、バリ島の人気撮影スポット20カ所を提示。行ってみたいと思う場所を選んでもらい、その結果をランキングにまとめた。

ランキング・トップスリー
ランキング1位に選ばれたのは、ホテル「ラ ジョヤ ビウ-ビウ(La Joya Biu-Biu)」。プライベートガーデンとプールが完備されており、プールサイドに手すりなどがないインフィニティプールからの眺めが人気を集めた。

2位は、ビーチクラブ「ブルーヘブン」。シャワーやトイレのほか、レストラン、バーなども施設内にあり、快適な時間を過ごすことができるスポット。こちらも高台に設けられたインフィニティプールからの眺望が好評だった。

3位となったのは、ウブド中心部から車で約1時間の「トゥカッ チュプン ウォーターフォール(Tukad Cepung Waterfall)」。岩間から陽光とともに流れ落ちる滝に、大自然の神秘を感じたフォロワーが多かったようだ。

新しい旅の提案
同社では、SNSで反響の大きかったフォトジェニックスポットを地図上にまとめ、写真から旅の行き先を検討できるサイト「タビジョマップ バリ島」を作成した。

また、バリ島のフォトジェニックスポットを巡る新ツアーなどを企画し、SNSの流行で写真から旅先を選ぶ人が増えていることを踏まえ、新しい旅の提案を行っていく方針だ。

(画像はプレスリリースより)

バリ島の絶景撮影スポットをトレンド調査、旅好きが決めたランキング上位は?

《インドネシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

    自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

  2. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

    マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  3. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

    NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  4. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  5. 【Sakeの海外戦略:1】世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  6. 【養殖モノを海外で売る!:3】狙うは富裕層、DHA強化ブリ

  7. NZリンゴがスーパー席巻、本末転倒!?

  8. 【国産家具を世界へ!:1】日本だけの“ストーリー”をデザインする

  9. 東洋建設とJFEエンジ、ミャンマーでコンテナターミナル受注

  10. 国交省がインフラ輸出PR第1弾開催、アフリカ進出の足がかりに

アクセスランキングをもっと見る

page top