11月24日は「和食の日」 画像 11月24日は「和食の日」

インバウンド・地域活性

だしのうま味を味わう授業を実施

高知県芸西村立芸西小学校

 平成25年に「和食;日本人の伝統的な食文化-正月を例として-」がユネスコ無形文化遺産に登録されたことから、新嘗祭の翌日であり、「いいにほんしょく」と読む11月24日が「和食」の日として日本記念日協会に認定された。
 学校給食で和食を提供する取り組みは全国で広がっており、高知県芸西村立芸西小学校では、「和食」の日に合わせて、5年生を対象に和食の基本となるだしのうま味を体感する特別授業が実施された。
 これは一般社団法人和食文化国民会議(以下、和食会議)が和食文化の魅力を伝える「だしで味わう和食の日」プロジェクトのひとつ。
 授業では、講師として招かれた、伏木亨会長代行と前原誠一郎専務理事から鰹だしや昆布だしについての講演とそれぞれのだしの試飲が行われた。
 つづいて、創業80年を誇る高知の老舗「土佐料理「司」」の伊藤範昭総調理長と北村宏輔本店店長による指導のもと、児童が本格的なだしを取った味噌汁を調理した。
 初めて本格的なだしを取る体験をした児童も多く、味噌汁を味わった児童からは歓声が上った。
 この日、芸西村の和食(わじき)駅では、和食会議主催による「和食」の日にちなんだイベントが開催され、駅のキャラクター「わじきカッパ君」を「和食」のPR大使にする任命式や、来場者へ、会員企業協賛により提供された鰹節や昆布を詰めた和食セットの配布が行われた。
 和食会議では、来年の11月24日も、学校・保育所給食でだしを味わう献立の提供を推進する「だしで味わう和食の日」プロジェクトを実施する予定。
 プロジェクトに自治体や学校給食センター単位で申し込むと、だしに関する子ども向けの教材資料を無料で提供・送付される。

問い合わせ
 一般社団法人和食文化国民会議
 Tel=03・5817・4915
 URL=https://washokujapan.jp/
日本教育新聞

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

    <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

  2. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  3. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

    <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  4. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

  5. 那覇空港中長期構想、滑走路間にターミナルビル移設/旅客需要増加に対応

  6. 北海道と札幌市、新幹線札幌駅の「大東案」に難色か/札幌市長「一度消した話」

  7. 広島県三原駅前東館跡活用/図書館棟と広場、ホテル棟も

  8. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  9. 上諏訪駅東口駅前ビル、1階には 「ツルヤ」が入居

  10. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

アクセスランキングをもっと見る

page top