【国際コインランドリーEXPO:3】繁盛店の新規参入ノウハウ! 画像 【国際コインランドリーEXPO:3】繁盛店の新規参入ノウハウ!

イベント

【記事のポイント】
▼成功のボーダーラインは「投資総額÷2=目標売り上げ」
▼業界は現状、導入機械と価格で競うタームにある
▼ターゲットとする生活導線は車、立地やアクセスのしやすさが重要


 コインランドリービジネスが右肩上がりの成長を続けている。事業者による新規参入の動きも活発化しているが、投資額やその回収期間、店舗運営に必要となる知識といった疑問が多いのもこの業界の特徴だ。12月2日には国内唯一のコインランドリービジネスに特化した展示会「第1回国際コインランドリーEXPO 2016」が開催されたが、会場で行われたセミナーには、ビジネスのヒントをつかもうと多くの聴講者が集まっている。

 特にコインランドリービジネスの初心者に人気だったのが、3日に行われたセミナー「今からでも遅くないコインランドリービジネス」だ。講師はクリーニング店の経営コンサルタントを務める中西正人氏。コインランドリーをこれから開業したい人に向けて、どうやって売り上げを上げるのか、ライバル店と差をつけるために必要な要素などを解説している。

■コインランドリーの売り上げは、投資総額÷2がひとつの目安

 中西氏は自らもコインランドリー店を開業し、3年目で初期投資を回収し、4年目からは利益を出している。各店舗の売り上げレベルは、中西氏の経験上、実感的なイメージで掴めるという。例えば、A級繁盛店と言われるコインランドリーは、店の前を通った時に「いつも1台は動いている」状態で、年間売上高は700~800万円台にのぼる。その上のS級超繁盛店になると、「いつも2台くらいは動いている」状態で、1ヶ月に100万円以上を売り上げる。

 コインランドリーは異業種と比べて、売り上げの差がつきづらい傾向にある。飲食では見た目で繁盛店がわかり、売り上げも5、6倍の差をつけることはザラだ。一方、コインランドリーは安定しているが、頑張っても売り上げがそれほど伸びないという特徴がある。

 また、コインランドリーは投資額で見ると、一般的には1000~2500万円は必要だ。投資に必要なものは、「機械系(機材、設置費用)」に1000~1800万、「店舗系(改装、看板、照明など)」に100~800万円は見ておく必要がある。

 その上で成否を見極める基準となる計算式が、「投資総額÷2=目標売り上げ」とのことだ。よく比較されるのはマンション投資で、これは利回り10%で初期投資を10年で回収するモデル。一方、コインランドリーはそれ以上の成果が求められる。合格ラインは「投資総額÷3=必達売り上げ」。これをボーダーラインとして、それ以下なら銀行に預金した方が良いと中西氏は釘をさす。

《寺田愛/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

イベント アクセスランキング

  1. 【国際コインランドリーEXPO:1】アワード受賞店の経営術は?

    【国際コインランドリーEXPO:1】アワード受賞店の経営術は?

  2. 先端建設技術センターがタイで技術セミナー開催!

    先端建設技術センターがタイで技術セミナー開催!

  3. 土木学会長「志と熱意ある技術者育成を」

    土木学会長「志と熱意ある技術者育成を」

  4. 中小自動車部品メーカー向けセミナー、愛知県で開催

  5. 【VR展:2】エンタメ以外でも大きな可能性!

  6. 輸出拡大へ特産品PR。過去最大フーデックス開幕、3280社・団体が出展

アクセスランキングをもっと見る

page top