大林組がVR活用の施工管理者向け教育システムを導入。手軽に体験型研修、全国で展開 画像 大林組がVR活用の施工管理者向け教育システムを導入。手軽に体験型研修、全国で展開

IT業務効率

 大林組は、仮想現実(VR)技術を使った施工管理者向けの教育システムを導入した。建設現場さながらの環境をVR上に実現し、場所を選ばずいつでも手軽に体験型研修が可能になる。受講者はヘッドマウントディスプレーを装着し、VR上に現れる教育用躯体の配筋の不具合を探す。不具合箇所に気付く感性を磨いてもらうのが狙いで、全国で研修に役立てていく。
 導入したシステム「VRiel(ヴリエル)」は、VR制作などを手掛ける積木製作(東京都墨田区、城戸太郎社長)に制作を依頼した。ヘッドマウントディスプレー、コントローラー、センサーなどで構成され、2メートル四方のスペースがあれば設置できる。
 使用する機材は、パソコンで対応可能な市販のVRシステムのため低コストで導入可能。屋内の研修会場のほか、会議室や工事事務所などさまざまな場所で使用できる。
 これまで体験型研修で使用していた実物のモックアップと異なり、不具合箇所の正解と不正解のモデルをVR上で瞬時に切り替えられるため、受講者は視覚的に何が間違いか、本来どうあるべきかをその場で知ることができる。
 VR上を移動したり、首を動かして視界を上下左右にしたりするなど、建設現場と同様に体を動かすことができるほか、施工管理に必要な図面や基準図、計測用のコンペックスなどもVR上で確認・使用できる。
 プログラムを変えるだけで不具合箇所の変更や追加が可能。不具合箇所をランダムに組み替えることで、難易度の調節ができるため、同じ受講者が何度でも研修を受けられる。
 ヴリエルの素材に、BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)データを活用することで、鉄筋などの躯体、仕上げ、設備の品質管理や安全管理の教育ツールとしての展開も可能という。タブレット端末で使用できるシステムの開発も進めている。
 同社は数年前から、建設現場での配筋不具合の防止など管理技術の伝承を目的とした体験型研修を実施している。自社施設内に教育用の躯体モックアップを構築しているが、不具合箇所が固定されているため、繰り返しの受講には向かない。定期的にモックアップを作り替えたり、受講者が実習施設のある場所に移動したりするなどの必要もあり、コストと時間の点で課題となっていた。

大林組/VR活用の施工管理者向け教育システム導入/手軽に体験型研修、全国で展開

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?(続編)

    売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?(続編)

  2. 古河ロックドリルが新型ドリルジャンボを開発。リニア新幹線を視野に、最大出力が25%向上

    古河ロックドリルが新型ドリルジャンボを開発。リニア新幹線を視野に、最大出力が25%向上

  3. サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

    サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

  4. ドーナツ型TBM、産学官で研究開発が進む

  5. 【商売を大逆転させる、スマート決済!】“フィンテック革命”を小売り店に~Square、PayPalの事例から~

  6. 長谷工コーポら、BIMデータを直接3DCG化/マンション販売ツールに活用

  7. リニア新幹線に向けて回転水平多軸式連続壁機を開発!

  8. ミニトマト糖度の次のトレンド、赤色色素量を数秒で測定

  9. ~中小工場のIoT化最前線:1~見える化で生産性を向上!

  10. 中小企業でも導入しやすく……デンマーク発の産業用ロボットがデモ

アクセスランキングをもっと見る

page top