キウイ新品種「甘うぃ」が販売開始。黄色・高糖度で大玉! 画像 キウイ新品種「甘うぃ」が販売開始。黄色・高糖度で大玉!

インバウンド・地域活性

 福岡県が育成したキウイフルーツの新品種「甘うぃ」の販売が11月下旬から始まった。2016年産の出荷量は15トン。糖度16以上という甘味の強さが売りだ。人気が高い黄色の果肉で従来品種より大玉。知名度アップとブランド確立に向け、県とJA全農ふくれんは農家と連携して生産量と販路の拡大を目指す。

 福岡市の百貨店、岩田屋の果実売り場では冷蔵ケースに1個432円の「甘うぃ」が並ぶ。スーパーで売られているキウイの約4倍の価格だ。新品種をPRしようと食べ方や食べ頃のポイントを書いたPOP(店内広告)を用意し、買い物客の興味を引き付ける。

 売り場責任者で「TOKIO岩田屋店」の福田智店長は「酸味が少なく、同じ黄色系で人気のゼスプリのサンゴールドに負けていない。将来性がある」と期待する。クリスマスや歳暮商戦に向け、高級な限定品として売り込む。

 16年産は福岡、東京、大阪の3市場に出荷した。全農ふくれんが一括して販売する。県によると平均で1玉(2L級)が140グラム。同じ黄色系の「ゴールデンキング」や緑色系の「へイワード」に比べ1.2倍ほどと大きい。糖度も16~18で約3高い。

 国産キウイは11月から翌年3月に出回る。11、12月はニュージーランドなど外国産の黄色系とも販売時期が重なるため、キウイの生産量が全国2位の同県でも差別化を打ち出せる品種が求められていた。16年産の栽培面積は12ヘクタール。苗木は県域に配布しており来年は増産となる見込みだ。

キウイ新品種「甘うぃ」販売開始 黄色、高糖度で大玉 福岡県育成

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

    <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

  2. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ (解決戦略編)

    <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ (解決戦略編)

  3. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. レッドブル・エアレースで“CHIBA”の都市ブランディングは成功したか?

  6. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  7. ~地元から日本を盛り上げるキーパーソン~地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

  8. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  9. 大手町二丁目常盤橋地区再開発、高さ日本一(390メートル)のビル!

  10. 羽田空港跡地第2ゾーン開発、計画概要を発表

アクセスランキングをもっと見る

page top