日本のスマホ技術、タイで道路の舗装劣化状況把握の実証実験 画像 日本のスマホ技術、タイで道路の舗装劣化状況把握の実証実験

IT業務効率

【タイ】デジタル地図、カーナビソフトのインクリメントP(東京都文京区)と商用車データ分析、道路データ分析を手がける富士通交通・道路データサービス(東京都港区)は28日、タイで道路の舗装劣化状況把握技術の実証実験を行うと発表した。

 富士通交通・道路データサービスのスマートフォンを利用した道路の舗装点検・パトロールを支援するクラウドサービスをインクリメントPが保有する調査車両に搭載し、走行時の振動データなどを常時収集することで、路面の状態や経年劣化を把握する。取得した道路状態の評価結果はインクリメントPの地図情報プラットフォームを活用して可視化する。タイでの技術適応性を評価し、地図情報技術と舗装診断技術の融合による新たな道路関連情報サービス、地図情報プラットフォームの構築を目指す。

 インクリメントPは2015年1月にタイ子会社を設立し、デジタル地図の整備を進めている。

インクリメントPと富士通交通・道路データサービス、タイで道路の舗装劣化状況把握技術実証実験

《newsclip》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 三菱地所ら、ドローンで地下トンネル点検/東京・丸の内で自律飛行実証実験実施

    三菱地所ら、ドローンで地下トンネル点検/東京・丸の内で自律飛行実証実験実施

  2. 「Maisart~コンパクトなAI技術を推進」三菱電機 柵山社長

    「Maisart~コンパクトなAI技術を推進」三菱電機 柵山社長

  3. 国交省、ICT土工の費用を事後精算可能に

    国交省、ICT土工の費用を事後精算可能に

  4. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  5. 国交省が「i-Con大賞」授与式、大臣賞は砂子組とカナツ技建工業

  6. すばらしきドローン 現場はこう変わった!(建設会社編)

  7. 熊谷組ら、不整地運搬車の自動走行技術開発/省人化で生産性向上

  8. 建築現場にAIやロボット導入が加速/「予兆保全」ビジネスに商機!

  9. アメリカから考える日本版シェアリングエコノミーの未来:後編

  10. カートのタブレットで野菜の市況がわかる!/スーパーで新サービス

アクセスランキングをもっと見る

page top