ネット利用の標語 個人・学校で募集開始

IT業務効率

情報通信における安心安全推進協議会

 ネット利用時のルールやマナーの標語を公募する「平成29年度情報通信の安心安全な利用のための標語」(主催=情報通信における安心安全推進協議会、後援=総務省、文部科学省)の募集がスタートした。
 本企画は情報通信を安心・安全に利用するためのルールやマナー、情報セキュリティに関する意識ついて考えるきっかけを提供することを目的に、継続的に実施されている。
 応募部門は、個人応募の「個人部門」と、学校を代表して応募する「学校部門」の2つ。
 個人部門への応募は、はがきや電子メール、同協議会のホームページ内の応募フォームを利用する。
 学校部門への応募は、学校の代表作品1点を選び、同協議会のホームページ内の「学校部門用応募フォーム」を利用して、作品のほか、学校名、代表者名、学校内での取り組み内容などの必要事項を記入する。
 代表作品以外の作品は個人部門にも応募可能で、個人部門と学校部門へのダブル応募もできる。(過去の事例ではダブルで優秀作品に選定された実績あり)
 募集期間は、平成29年2月28日まで(必着)。審査の上、各部門ごとに最優秀作(総務大臣賞)などの賞が選定される。
 選定された標語は、平成29年度情報通信月間における広報・啓発ポスターをはじめ、全国各地で実施される各種啓発事業・行事などで幅広く活用される。また、学校等で開催されるe―ネットキャラバン「e―ネット安心講座」などでも紹介される。

応募先=情報通信における安心安全推進協議会
 〒105-0001 東京都港区虎ノ門三丁目22番1号 虎ノ門桜ビル2階
 一般財団法人マルチメディア振興センター内情報通信における安心安全推進協議会事務局
 Tel=03・5403・1090
日本教育新聞

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

    【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  2. 【AIで変わる経営:1】分析による裏付け、サイト内の集客増に

    【AIで変わる経営:1】分析による裏付け、サイト内の集客増に

  3. ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

    ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

  4. ドローンによるレーザー測量、国内初実用化!

  5. 準大手ゼネコンでインフラ点検ロボット開発進む、人力よりも効率的に作業

  6. 接近車両を検知する自転車用後方レーダー

  7. 沖縄の訪日観光客はなぜ、ICリストバンドを装着しているのか?

  8. 【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

  9. 成田空港で次世代無線LAN「WiGig」による配信サービスのトライアル

  10. 民泊の強い味方登場!? 驚きのスマートロック(後編)

アクセスランキングをもっと見る

page top