NHK大河『真田丸』最終回にビジネスパーソンが学ぶべきこと 画像 NHK大河『真田丸』最終回にビジネスパーソンが学ぶべきこと

人材

 日曜夜8時から一年間にわたって放送されてきた大河ドラマ『真田丸』(NHK)が、12月18日、ついに最終回を向かえる。

 三谷幸喜が脚本を手がけた『真田丸』は豊臣家に仕えて、徳川家康を最後まで追い詰めた真田幸村(堺雅人)の生涯を描いたものだ。群雄割拠の戦国時代、豊臣秀吉の天下統一、秀吉の死後に起きた関ヶ原の戦いや大阪夏の陣といった天下分け目の大いくさと、その渦中で翻弄される真田家。描かれる物語は今まで大河ドラマを筆頭とする時代劇で何度も描かれてきたものだ。しかし見慣れたはずの物語が三谷の手にかかると、とても魅力的だ。

 物語は史実通りに進むため、幸村はもちろんのこと豊臣秀吉(小日向文世)や徳川家康(内野聖陽)の顛末もすでにわかっている。ミステリーなら最初から犯人がわかっているネタバレ状態なのだが、それでも面白いのは幸村を筆頭とする各登場人物が、自分たちが辿る結末を知らず、必ず勝つものだと信じて疑わないからだろう。 結果のわかっている戦いに向かって突き進んでいく幸村たちの姿には、勇ましさと美しさがあるが、同時に滑稽さや哀しさも滲んでいる。 

 『真田丸』を見始めた当初は、三谷がこの作品をシリアスな歴史ドラマとして描こうとしているのか、コメディとして描こうとしているのかが、よくわからなかった。物語の運び方こそ史実をしっかりと押さえたシリアスなトーンなのだが、何ともいえないブラックユーモアのようなものが全体に漂っていた。特に小日向文世が演じた豊臣秀吉の描写にそれは現れていて、ユーモラスで明るいお爺さんの秀吉が、気まぐれに見せる残酷な表情が実に恐ろしく、『真田丸』の持つ多面性を象徴していたように思った。

 膨大な資料を読み込むことによって紡がれた本作は、細部のディテールがしっかりしており、一年間50話という長丁場でありながら、物語には破たんがなく、完成度の高い物語となっていた。

 本作の当初の魅力は、乱世で生き残るために真田一族が知略の限りを尽くして戦う頭脳戦の面白さにあった。しかし、知略で武将たちがしのぎを削る戦いの世界はぐずぐずの政治的空間、つまり人間関係がすべての腹芸の世界によって、台無しにされていくのが『真田丸』の残酷なところである。本作では戦略を練る軍議のシーンが多い。そこでの議論パートは、合戦シーン以上に面白かった。これは今年大ヒットした怪獣映画『シン・ゴジラ』にも通じる要素だ。

次のページ 「私は勝つためにここへやって来た」に込められた真意とは? > 


《成馬零一/ドラマ評論家》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 「中小企業の『経営論』」第10回:「社長は孤独」と自分でいう社長に感じる違和感

    「中小企業の『経営論』」第10回:「社長は孤独」と自分でいう社長に感じる違和感

  2. 地方と企業の悩み交換、引き受けます

    地方と企業の悩み交換、引き受けます

  3. 電気/通信設備工事各社、技術系の新入社員数が大幅増!

    電気/通信設備工事各社、技術系の新入社員数が大幅増!

  4. 広島東洋カープ優勝のカギは中小企業的経営にあり。

  5. ワイン造りと人材育成の意外な共通点

  6. 清水建設が2年連続ベア実施、定昇と合わせ平均3.2%アップ

  7. 技術者・技能労働者の週休2日確保状況、取得は15%程度

アクセスランキングをもっと見る

page top