ニフティ×いいちこのIoT活用アンケートシステム、お披露目 画像 ニフティ×いいちこのIoT活用アンケートシステム、お披露目

IT業務効率

 ニフティと三和酒類は24日、IoTを活用したリアルタイムアンケートシステムを開発した。12月7日にお台場から渋谷へ移転オープンするニフティのイベントハウス型飲食店、「東京カルチャーカルチャー」で導入する予定。

 同システムは、速度センサーと通信モジュールを搭載したスティックライト型のIoTデバイスを動かすことで回答データがクラウドに送信され、集計結果がステージ上のスクリーンにリアルタイムに投影されるというもの。

 通信にメッシュネットワークを用いることで、多数のデバイスから効率的にデータを収集でき、120台のデバイスの同時接続が可能。集計のためにイベントを中断する必要がなく、利用者はアンケートそのものを体験型コンテンツとして楽しむことができる。

 「東京カルチャーカルチャー」は「ネットとリアルをつなぐ」がコンセプトのイベントハウス型飲食店。2007年のオープンから2,000回以上のイベントを開催し、最近では趣味をテーマにしたイベントに加え、「オープンイノベーション」「新規事業開発」「テクノロジー」をテーマにしたイベント等、企業とコラボレーションした取り組みにも注力している。

 三和酒類は、「いいちこ」を使ったオリジナルカクテルを楽しみながら新しいアイデアを議論し形にするイベント「iichiko-LAB(いいちこらぼ)」を移転前の「東京カルチャーカルチャー」で11月に開催するなど、これまで同店でのイベントを多数サポートしてきた。

 「東京カルチャーカルチャー」で導入予定のスティックライト型のIoTデバイスには、「iichiko」のロゴが印字される形でコラボレーションしている。

ニフティといいちこがコラボしたIoT活用のアンケートシステム

《防犯システム取材班/鷹野弘》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

    【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

  2. 【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

    【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  3. 【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

    【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  4. VR/ARのトレンドとは? 未来を提示する展示会「CES2017」

  5. 1人経営のカフェの武器! タブレット決済でレジ効率化

  6. 【VRと中小企業:5】VRが即戦力になる中小企業の現場とは

  7. ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

  8. ドイツのボッシュ、IoTの可能性を紹介する新サイトを立ち上げ

  9. IoTベンチャーをワンストップで支援するプログラムがリリース!

  10. 数百人の顔を認識して会話、仲介者ロボット「RoboPin」

アクセスランキングをもっと見る

page top