【定額制ビジネスに勝算あり:2】レンタル×アートの素敵な相性 画像 【定額制ビジネスに勝算あり:2】レンタル×アートの素敵な相性

制度・ビジネスチャンス

【記事のポイント】
▼他人の家が作品の保管場所に。レンタルがアーティストの利便性を生む
▼レンタルとして多くの人の手を渡ることが、PR効果を生み出す
▼定額制ビジネスではリピート率が命、サービス設計は入念に


■アート作品のレンタルという隙間を攻める

 経済成長とともにテクノロジーが成熟すると、モノを所有するという考え方が変わってくるようだ。分かりやすいところでは、ビデオや音楽が好例となるだろう。CDやDVDで購入するのではなく、ネットストリーミングのサブスクリプションを利用するのが、今では当たり前となった。車も所有するよりレンタル、リース、カーシェアが合理的と考える人が増えている。

 こうした定額制レンタルというシステムの導入は、今やあらゆる商品・サービス産業に広がりつつある。その中でも、今までにないサービスを打ち出し、成功しているのがアート作品を手掛ける「ART STAND」だ。

 ART STANDのビジネスは、アーティストから預かった作品を保管する倉庫ビジネスと、作品の貸出しを行うレンタルビジネスを組みあせたものだ。保管された作品は同社のサイト上にカタログとして公開され、ユーザーや企業は気に入った作品のレンタルを申し込む。

 これによって、アーティストは単に自分の作品の保管するだけでなく、マネタイズのチャンスを得ることができる。一方、利用者は購入するよりも安価に、さまざまな芸術作品を楽しめるというわけだ。観葉植物のレンタルのように季節の入れ替えを楽しむもよし。気に入ればそのまま購入してもよい。

■アーティストの悩みをマネタイズ手段として解決

 聞いてみるとコロンブスの卵ともいえる、誰も納得するわかりやすいビジネスモデル。ART STAND代表取締役の加藤晃央氏は、そのアイデアをアーティストの苦悩の中に見出したという。

「アーティストやクリエイターには四重苦というものがあります。作品をつくる、保管する、見せる、売るの4つです。私も美大に通っていたのですが、学生の頃は教室などに作品を置かせてもらえます。しかし、卒業すると作品は家に置くことになり、すぐに部屋がいっぱいになるわけです。アーティストとして活動するには、それを公開して購入してもらう必要もあります」

 以前から加藤氏は、アーティストやクリエイターのネットワークを立ち上げ、クラウドソーシングや仕事のマッチングといった事業を展開していたという。これで、“見せる”と“売る”については解決できた。その先に作品の保管場所を提供することを考えるに至ったが、実際にビジネスに乗せるにはいくつかの工夫が必要だったという。

 ただ単に作品を公開しただけでは、ビジネスがうまくいくかはわからない。加藤氏らはアート作品の値段、レンタルした場合の入れ替え頻度などを入念に調査したという。その中で重要なパートナーとなったのが、美術品の保管や運搬に特化した技術、サービスを持つ寺田倉庫だ。芸術への造詣も深く、CSRにも積極的。同社の美術品保管のノウハウも、ART STANDのビジネスに付加価値をつけている。

次のページ アートに馴染みのないBtoCを開拓する戦略とは? > 

《中尾真二/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 成功する新業態:01|月2000円で飲み放題のコーヒースタンド

    成功する新業態:01|月2000円で飲み放題のコーヒースタンド

  2. 本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

    本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

  3. 「国家戦略特区」その後。ドローン、民泊、外国人就労・・・合格点は?

    「国家戦略特区」その後。ドローン、民泊、外国人就労・・・合格点は?

  4. 牛乳はどこで買う? いま増えているのは・・・

  5. 【規制緩和が生む新観光業:3】高単価ガイドツアーが売れる理由

  6. 「一見さんお断り」、なぜ利益になる?

  7. 【養殖モノを海外で売る!:2】キャビアの商機は東南アジアに

  8. 青森産リンゴ「ふじ」が過去最高値、東京・大阪市場

  9. 東京の鉄道のこれから、路面電車復活も!?

  10. ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』に見る“契約”の価値観

アクセスランキングをもっと見る

page top