エイブル、アジア進出を加速。ジャカルタとバンコクに新たな海外店舗 画像 エイブル、アジア進出を加速。ジャカルタとバンコクに新たな海外店舗

海外進出

アジアの住宅需要を取り込む
エイブルは今月、海外出店12、13店舗目となるタイ・バンコク店と、インドネシア・ジャカルタ店をオープンした。

アジア地域においては、香港、シンガポール、上海、ハノイ、マニラなど、すでに進出している海外拠点と合わせて10店舗目、東南アジアでは5店舗目となる。

経済成長著しいアジア諸国の住宅需要をにらみ、特に海外進出している日系企業の社員などを対象とした賃貸仲介業を拡大していく計画だ。

エイブルネットワーク・ジャカルタ店
ジャカルタ店は、シンガポールを拠点に国際引越事業を展開しているクラウンラインのインドネシア子会社クラウンエージェンシーが、エイブルの海外ネットワークに加盟するかたちで参画した。

クラウンエージェンシーは、ジャカルタで8年間、現地日系企業を対象に賃貸仲介業を展開していた実績を持つ。今回の加盟によって営業の強化を図るとともに、エイブルが日本国内で構築した独自のネットワークと連携し、さらなる顧客満足と事業拡大を目指す。

今後の展開
インドネシアの在留邦人は約18,450人で増加傾向にある。店舗のあるタムリン周辺は日系企業オフィスが多く集まっているジャカルタの中心地。

エイブルは、これまでの海外店舗展開により得たノウハウと、日本をはじめとする各店舗が積み上げてきた不動産賃貸仲介のノウハウを活かし、現地駐在の日本人や現地日系企業などに勤める転勤者の部屋探し、住み替えなどの需要に応えていく計画。

加えて、アジアを中心としたさらなる海外店舗展開を積極的に拡大していく方針だ。

エイブル、アジア進出を加速、ジャカルタとバンコクに新たな海外店舗

《インドネシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

    インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

  2. 日本方式採用のインド新幹線、総事業費約1.8兆円/オールジャパン体制で事業推進

    日本方式採用のインド新幹線、総事業費約1.8兆円/オールジャパン体制で事業推進

  3. インド新幹線、難工区の事業円滑化へ/JICA、設計段階から施工性考慮

    インド新幹線、難工区の事業円滑化へ/JICA、設計段階から施工性考慮

  4. 自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

  5. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  6. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  7. 「マレーシアのEビジネスは2桁以上の成長率を維持する」とドイツ調査会社が予測

  8. 日本の食を世界へ! パソナ農援隊がパリにプロモショップ開設

  9. 三井不/米国でオフィスビル開発参画/総事業費4000億円超、22年竣工めざす

  10. 新日鉄住金の仮設土留め材、シンガポールの地下鉄工事で採用

アクセスランキングをもっと見る

page top