【コト消費化するインバウンド:3】美容サロン、日本の流行を感動に! 画像 【コト消費化するインバウンド:3】美容サロン、日本の流行を感動に!

インバウンド・地域活性

【記事のポイント】
▼ホテル設置のエリアガイドへの掲載で、宿泊客を誘導
▼“世界が注目する”日本の流行スタイルにニーズが
▼顧客満足度向上のカギは、はっきり分かりやすい仕上がり


■カウンセリングの質向上に、外国語対応が不可欠

 爆買いのトレンドに乗ってブランド街やデパートが人気を集め、今なお都内でも有数のインパウンドが集まるスポットとなっている銀座。ここで、“コト消費”が騒がれる前から、インバウンドに注目されてきた美容院がある。それが、14年にオープンした「UNIX KIRARITO GINZA店」だ。

 美容院チェーン「UNIX」では現在、関東地方に30店舗を展開している。第一営業部長の堀井信彦氏によると、その中でもKIRARITO GINZA店は当初からインバウンドを意識し、外国語表記のメニューなどを用意してきたようだ。

「オープン当時は爆買いブームもあり、銀座にはたくさんの中国人がいらしており、そこにビジネスチャンスを感じました。日本の美容は世界一だと思っているので、それを訪日観光客の集まる銀座で発信していこうと考えたわけです」

 とはいえ、美容には客との間に細やかな意思疎通が必要だ。そこで白羽の矢が立ったのが、中国に留学経験のあるKIRARITO GINZA店主任の福永雪氏。もともとUNIXの社員だった福永氏が中心となり、福永氏の友人も加えて、まずは外国語表記のメニュー表を作成した。中国語を話すゲストが来店した際は、美容師とともに福永氏が同席してカウンセリングを行う。中国語は福永氏1名で対応しているが、英語は数名のスタッフが話すことができるため、状況に応じてサポートする体制になっている。

「全員が中国語や英語を話せるわけではないので、話せるスタッフがいない時が一番の課題です。とはいえ、外国人の方が毎日来るというわけではないので、スタッフの配置はお客様の予約状況に合わせて対応しています」

■ホテルからの紹介で訪日観光客を呼び込む

 KIRARITO GINZA店はインバウンド対策美容室として、訪日観光客や在日外国人に認知を広めている。以前からUNIXではほかの店舗でも、外国語対応などをしていないにも関わらず、外国人のお客が訪れていた。では、なぜKIRARITO GINZA店がここまで認知されるようになったかを探ると、地元銀座との繋がりが大きいようだ。

「『銀座ガイド』というマップや日本政府観光局(JNTO)のサイトに店舗情報を掲載してもらったことが、訪日観光客の方に知ってもらうきっかけになりました。初期の頃は、ツーリストインフォメーションセンターからご紹介いただくこともありましたね」

 「銀座ガイド」は銀座周辺のホテルに設置されているため、ホテルから宿泊客の予約が入ったり、その紹介で来店することも多い。ただ、日本に来てから来店を検討するのでは、ツアーや観光に取られる時間が多く、満足いくサービスを提供できない場合もあると、KIRARITO GINZA店店長の加藤孝幸氏は話す。

「ツアーの途中でふらっと来店される場合だと、1時間程度しか時間を取れない方が多い印象です。お客様が受けたいサービスはカットにプラスして、パーマやカラーなので、最低でも3時間は欲しいところ。そこで、今検討しているのが日本に来る前にUNIXを知ってもらうことです。台湾や中国の富裕層に案内を差し上げて、こちらで施術をする時間を取ってもらった上で訪日する仕組みを考えています」

次のページ 訪日観光客の満足度を上げる接客ポイントとは? > 

《寺田愛/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その6

    富裕層インバウンドの法則その6

  2. リンゴの発泡酒「シードル」急成長! 収益性が魅力

    リンゴの発泡酒「シードル」急成長! 収益性が魅力

  3. 「奇跡の一本松」の技術を展示する記念館が計画中

    「奇跡の一本松」の技術を展示する記念館が計画中

  4. 西日暮里駅前地区再開発、JRと舎人ライナーのアクセス向上も

  5. 大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

  6. 畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

  7. 新橋駅前ビル周辺再開発、輝きを取り戻せるか?

  8. 日本酒の名産地、イメージ断トツの県は?

  9. パルコが5カ年経営計画、総額668億円でスクラップアンドビルド

  10. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

アクセスランキングをもっと見る

page top