鹿島火力2号機が着工。最新鋭の石炭火力発電施設 画像 鹿島火力2号機が着工。最新鋭の石炭火力発電施設

制度・ビジネスチャンス

 電源開発と新日鉄住金が共同出資する発電事業会社の鹿島パワーが茨城県鹿嶋市で計画していた「鹿島火力発電所2号機」が、このほど着工した。
 世界最高水準の高効率発電技術である超々臨界圧(USC)発電を導入。環境負荷低減の関連設備を適切に配置した最新鋭の石炭火力発電施設を整備する。施工者、事業費は非公表。20年7月ごろの営業運転開始を目指す。
 建設地は鹿嶋市光3の新日鉄住金鹿島製鉄所構内。発電方式はUSC微粉炭火力。出力は64万5000キロワット(発電端)。
 新日鉄住金が運用する鹿島火力発電所1号機(発電出力50万7000キロワット)に続いて、2号機の事業化に当たり、同社と電源開発は13年に事業主体の鹿島パワーを設立。今年8月に環境影響評価手続きが完了し、着工に向けた準備を進めていた。

電源開発、新日鉄住金/鹿島火力2号機(茨城県鹿嶋市)が着工/20年7月運転開始

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 成功する新業態:01|月2000円で飲み放題のコーヒースタンド

    成功する新業態:01|月2000円で飲み放題のコーヒースタンド

  2. 本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

    本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

  3. 国交省の社保未加入対策、現場入場規制で再周知。一覧表や一問一答を用意

    国交省の社保未加入対策、現場入場規制で再周知。一覧表や一問一答を用意

  4. 厚労省が高所作業で安全帯のフルハーネス型を原則化へ

  5. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  6. 【定額制ビジネスに勝算あり:2】レンタル×アートの素敵な相性

  7. 名古屋市「ノリタケの森」、にぎわいと交流の拠点に

  8. 主要ゼネコン26社の16年4~9月期決算、7割近くが粗利益率10%台

  9. どうなる建設市場?ポスト五輪占う~20年以降も堅調の予想

  10. コンビニの淹れ立てコーヒーを向こうに回し、チルドボトルがじわり人気

アクセスランキングをもっと見る

page top