割れないワインで乾杯「いい夫婦」、鳥取地震禍の醸造所 画像 割れないワインで乾杯「いい夫婦」、鳥取地震禍の醸造所

インバウンド・地域活性

 “仲が割れない”ワインをどうぞ――。中四国最古のワイナリー・北条ワイン醸造所(鳥取県北栄町)は、縁起物のワイン商品を東京都内のアンテナショップで発売した。県中部を襲った地震の揺れにも耐えた奇跡のワイン。「いい夫婦の日」(22日)に合わせ円満な仲や縁結びを力強く応援する。

 ワイン「砂丘~とっとりの絆~」は、好天が続いた年だけ醸造する限定品。300セットを地元と東京で販売する。価格は、“ハッピーハート”にかけて8810円に設定した。

 先月の県中部地震では、出荷を控えたワインの半数に相当する5万本が割れ、発酵タンクもダメージを受けた。県の販路開拓チームは「ワインを飲んでもらうことが被災した工場の一番の励みになる」と話した。

割れないワインで乾杯「いい夫婦」 鳥取地震禍の醸造所

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その6

    富裕層インバウンドの法則その6

  2. リンゴの発泡酒「シードル」急成長! 収益性が魅力

    リンゴの発泡酒「シードル」急成長! 収益性が魅力

  3. 「奇跡の一本松」の技術を展示する記念館が計画中

    「奇跡の一本松」の技術を展示する記念館が計画中

  4. 西日暮里駅前地区再開発、JRと舎人ライナーのアクセス向上も

  5. 大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

  6. 畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

  7. 新橋駅前ビル周辺再開発、輝きを取り戻せるか?

  8. 日本酒の名産地、イメージ断トツの県は?

  9. パルコが5カ年経営計画、総額668億円でスクラップアンドビルド

  10. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

アクセスランキングをもっと見る

page top