東京五輪組織委が有明体操競技場を新築へ 画像 東京五輪組織委が有明体操競技場を新築へ

インバウンド・地域活性

 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は15日、7日に一般競争入札を開札した「有明体操競技場新築工事」の落札者を190億円で清水建設に決めたことを明らかにした。実施設計・施工一括方式と技術提案型総合評価方式を適用。清水建設は発注者の予定工期を60日短縮する技術提案を行った。実施設計を約1年かけて行い、19年10月25日までの竣工を目指す。
 入札にはほかに鹿島(応札額=223億2000万円)が参加した。技術点は清水建設が117・65、鹿島が116・50。技術点を応札額で割った評価値で清水建設が上回り、落札者に決まった。予定価格は240億4000万円だった。
 工事場所は東京都江東区有明1の7の4。1万2000席の観客席を持つ高さ29メートルの有明体操競技場(S一部木造3階建て延べ3万6800平方メートル)と、隣接する高さ15メートルのウォームアップ棟(S造平屋4000平方メートル)、電気・機械・昇降機設備、外構の実施設計と施工を一括で発注する。当初想定していた工期は19年12月27日までだったが、清水建設の提案に基づき同10月25日までに変更する。基本設計は日建設計が担当している。
 有明体操競技場の屋根には木材を用いる。大空間の確保と五輪終了後の施設撤去を見据え、内部の空間には柱を設けない構造とする。
 同工事の受注者には、パラリンピックの競技(ボッチャ)で使用可能な構造に転換するための撤去・改修工事の実施設計も任せる。有明体操競技場は五輪終了後、展示場として約10年間利用することにもなっていることから、その後利用を想定した工事の実施設計も委託する。両工事は別途発注する。
 五輪終了から10年後には有明体操競技場は解体される。この解体工事も別途発注する。

東京五輪組織委/有明体操競技場新築(東京都江東区)/実施設計・施工は清水建設に

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

    狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  2. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  3. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

    東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  4. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  5. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  6. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】大人の女性の本当の声を届けたい……COAKI

  7. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

  8. 【地方発ヒット商品の裏側】水管理システムとシートシャッター、その共通点とは? ……小松電機産業

  9. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  10. JR西広島駅南口再開発、大きく変貌する西の玄関口

アクセスランキングをもっと見る

page top