女性技術者がモデル!兵庫県但馬県民局、建設業の女性用作業着を開発 画像 女性技術者がモデル!兵庫県但馬県民局、建設業の女性用作業着を開発

制度・ビジネスチャンス

 建設業界への女性進出を後押ししようと、兵庫県但馬県民局は、女性の意見を反映した快適な作業着を開発し、12日に兵庫県豊岡市の全但バス但馬ドームで開かれた「但馬まるごと感動市」で発表した。開発に参加した女性技術者6人がモデルを務め、ステージで着心地や作業性の良さをアピールした。
 女性用作業着を開発したのは、但馬県民局が15年度に設置した「たじまウィメンズワークウエア制作委員会」。
 同県新温泉町在住のデザイナー、岡本剛二さんを中心に、同局職員3人と近畿地方整備局豊岡河川国道事務所の職員、県建設業協会と県測量設計業協会会員の女性技術者が「女性にとって快適な作業着」をコンセプトに試作品の制作を重ね、夏服と冬服を完成させた。
 男性用作業着は「上着がぶかぶか」「夏服は生地が薄い」「襟が長い」「伸縮性がない」など女性には使い勝手が悪く、新開発した作業着は、下着を重ねても動きやすいストレッチ性の高い冬服にしたほか、夏服は暑い現場でも快適に過ごせるよう通気性の高い素材を使用し、首元が日焼けしないよう襟を立てられるなどファッション性にも配慮した。カラーは自由に変えられる。
 県新温泉土木事務所の大道香理さんは「縦方向にポケットがあり、反射ベストを着けても使い勝手が良くなった」、中川工務店の青山花菜さんは「日焼けの心配がなく、冬服も軽くて暖かい」、豊岡河川国道事務所の井高佑実子さんは「体にフィットしてすごく動きやすい」などと感想を述べていた。
 但馬まるごと感動市は12、13の両日開かれ、会場内のブースで作業服を展示。型紙の無料配布も予定している。
 問い合わせは、県豊岡土地改良センター(電話0796・26・3715)。

兵庫県但馬県民局/建設業の女性用作業着開発/伸縮性に優れファッション性も

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. earth music&ecologyが顧客満足1位……その理由は?

    earth music&ecologyが顧客満足1位……その理由は?

  2. 『2017年版 中小企業白書』と、創業支援策の課題(前編)

    『2017年版 中小企業白書』と、創業支援策の課題(前編)

  3. 東京の鉄道のこれから、路面電車復活も!?

    東京の鉄道のこれから、路面電車復活も!?

  4. 新しい「霞が関の顔」、官僚人事でサプライズは?

  5. 改正建基法、効果は未知数で模様眺めも

  6. ドラマ「小さな巨人」 に見る、組織内派閥抗争の行方

  7. 果実&紅茶、この夏、流行の兆し?

  8. 「国家戦略特区」その後~ドローン、民泊、外国人就労~合格点はどれ?

  9. ■ニュース深堀り!■町工場がよみがえるベンチャーとの連携

  10. 「検疫済みのイチゴを空港で受け取れるサービス」福岡県でスタート

アクセスランキングをもっと見る

page top