【新価値創造展16】羽生市の体操着メーカー、水をはじく生地を開発…編み方に秘密 画像 【新価値創造展16】羽生市の体操着メーカー、水をはじく生地を開発…編み方に秘密

IT業務効率

埼玉県羽生市にある学校用体操着メーカーのカネマスは、水をはじく生地を開発。その生地を使ったジャージ「撥水ジャージ」を製造し、販売を開始した。なんでもこれまでになかった生地とのことで、特許の出願も行っている。

「素材はポリエステル繊維100%でよくある繊維ですが、その編み方に秘密があるんです」と同社関係者。よく見ると、生地の表面はトカゲや蛇など爬虫類の皮膚のような鱗状になっていて、その表面を水が生地に染み込まずに流れていく。

しかも、特徴はそれだけでなく、生地が二重構造で中幹部に空気を溜めることができるため、通気性、保温性、外部からの浸水圧力耐汚れ性にも優れているのだ。おまけに軽量で、従来のジャージと比較して約1割も軽く、伸縮性もあるそうだ。

特に驚いたのは、醤油などのシミが簡単に落ちてしまったことだ。シミの上に水を垂らすと、シミが浮き出てきて、それを拭き取ると元の白い生地のようになってしまった。

「いくら撥水性が強いからといっても、土砂降りの雨ではどうしても生地の表面が濡れてしまいます。しかし、通常のジャージのように中まで染み込んで下着がずぶ濡れになる心配はほとんどありません」と同社関係者は説明する。

ジャージの価格は6000円だが、同社ではジャージ以外の製品にもこの生地の用途を広げたい考えで、現在、異業種の人間と交流を図っているそうだ。
《山田清志》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  2. 泥汚れに強い洗濯機を開発!家電メーカーと農業女子コラボ

    泥汚れに強い洗濯機を開発!家電メーカーと農業女子コラボ

  3. フィアット・クライスラー、自動運転技術でグーグルと提携交渉

    フィアット・クライスラー、自動運転技術でグーグルと提携交渉

  4. マイナス30度から70度で動作するFAコンピュータ――Interface

  5. ~HANJO女子~SNSで発信、ユーザーを招いた製品発表会を開催

  6. アグリファッション百花繚乱!ネット通販で400種類の商品展開

  7. 北九州市でi-Con推進協が発足/中小企業の工事への導入が課題

  8. 計測したデータをPCに記録! ワインセラーなどに適したデジタル温度・湿度計

アクセスランキングをもっと見る

page top