【新価値創造展16】羽生市の体操着メーカー、水をはじく生地を開発…編み方に秘密 画像 【新価値創造展16】羽生市の体操着メーカー、水をはじく生地を開発…編み方に秘密

IT業務効率

埼玉県羽生市にある学校用体操着メーカーのカネマスは、水をはじく生地を開発。その生地を使ったジャージ「撥水ジャージ」を製造し、販売を開始した。なんでもこれまでになかった生地とのことで、特許の出願も行っている。

「素材はポリエステル繊維100%でよくある繊維ですが、その編み方に秘密があるんです」と同社関係者。よく見ると、生地の表面はトカゲや蛇など爬虫類の皮膚のような鱗状になっていて、その表面を水が生地に染み込まずに流れていく。

しかも、特徴はそれだけでなく、生地が二重構造で中幹部に空気を溜めることができるため、通気性、保温性、外部からの浸水圧力耐汚れ性にも優れているのだ。おまけに軽量で、従来のジャージと比較して約1割も軽く、伸縮性もあるそうだ。

特に驚いたのは、醤油などのシミが簡単に落ちてしまったことだ。シミの上に水を垂らすと、シミが浮き出てきて、それを拭き取ると元の白い生地のようになってしまった。

「いくら撥水性が強いからといっても、土砂降りの雨ではどうしても生地の表面が濡れてしまいます。しかし、通常のジャージのように中まで染み込んで下着がずぶ濡れになる心配はほとんどありません」と同社関係者は説明する。

ジャージの価格は6000円だが、同社ではジャージ以外の製品にもこの生地の用途を広げたい考えで、現在、異業種の人間と交流を図っているそうだ。
《山田清志》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

    大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  2. ~ITで攻めの農業:3~圃場のクラウド管理で一等米を増産!

    ~ITで攻めの農業:3~圃場のクラウド管理で一等米を増産!

  3. 堀江貴文、IoT時代の経営語る!「色んなものを捨てなきゃ」

    堀江貴文、IoT時代の経営語る!「色んなものを捨てなきゃ」

  4. 「一人負け」状態のタクシー業界、ITとの組み合わせで激変できるか?

  5. 日建連、土木工事のIoT対応強化へ/会員現場に実証フィールド用意

  6. 【外食ビジネスウィーク:1】集客・人手対策の最新事情

  7. ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

  8. “空気を読む”AIを目指す/ホンダが考える AIとは?

  9. 動くのは人ではなく「棚」のほう!MonotaROが無人搬送車で物流改革

  10. HJHJアーカイブス:07「老舗旅館を立て直した“ITのおもてなし”」

アクセスランキングをもっと見る

page top