イメージは「球磨地方の森」…JR九州の新観光列車、2017年夏頃から運行 画像 イメージは「球磨地方の森」…JR九州の新観光列車、2017年夏頃から運行

インバウンド・地域活性

JR九州はこのほど、鹿児島本線・肥薩線の観光列車『かわせみ やませみ』の車内デザインを決めたと発表した。地元の素材を使って車内を装飾する。

『かわせみ やませみ』は熊本(熊本市)~人吉(熊本県人吉市)間での運行が計画されている、JR九州の観光列車。2017年夏頃から毎日3往復程度の運行を予定しており、気動車2両を改造した専用車両(定員70人程度)で運行する。

今回の発表によると、列車が走る球磨地方の森をイメージしたデザインとし、人吉球磨産のヒノキや人吉産スギを使用する。座席はリクライニングシートやボックスシート、窓向きのカウンター席を設ける。軽食を提供するビュッフェや地元特産品を販売するサービスカウンター、肥薩線沿いの球磨川を見られる展望スペースも設ける。
《草町義和》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

    成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  2. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  3. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

    リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  4. ~着地型観光:4~アウトドア体験に日本文化の魅力をプラス!

  5. 尼崎市・園田西武庫線御園工区、建設に本格着手。交通円滑化へ

  6. 渋谷区宇田川町計画(大規模複合ビル)、井の頭通りが変わるか?

  7. 地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

  8. 日本武道館、増築・改修へ実施設計着手/20年東京五輪で柔道、空手の試合

  9. 自由が丘駅前再開発/過密化、老朽化からにぎわい創出の町へ

  10. 千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

アクセスランキングをもっと見る

page top