イメージは「球磨地方の森」…JR九州の新観光列車、2017年夏頃から運行 画像 イメージは「球磨地方の森」…JR九州の新観光列車、2017年夏頃から運行

インバウンド・地域活性

JR九州はこのほど、鹿児島本線・肥薩線の観光列車『かわせみ やませみ』の車内デザインを決めたと発表した。地元の素材を使って車内を装飾する。

『かわせみ やませみ』は熊本(熊本市)~人吉(熊本県人吉市)間での運行が計画されている、JR九州の観光列車。2017年夏頃から毎日3往復程度の運行を予定しており、気動車2両を改造した専用車両(定員70人程度)で運行する。

今回の発表によると、列車が走る球磨地方の森をイメージしたデザインとし、人吉球磨産のヒノキや人吉産スギを使用する。座席はリクライニングシートやボックスシート、窓向きのカウンター席を設ける。軽食を提供するビュッフェや地元特産品を販売するサービスカウンター、肥薩線沿いの球磨川を見られる展望スペースも設ける。
《草町義和》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  3. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

    世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  4. 見えてきた! 品川新駅の骨格、京浜東北線北行きのオーバークロス高架橋

  5. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  6. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  7. 札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

  8. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  9. 日本油脂王子工場跡地開発(東京都北区)、ホームセンターのLIXILビバが参画

  10. 地域を“アゲる”観光行政、“サゲる”観光行政

アクセスランキングをもっと見る

page top