【HJ HJ EYE:8】女性による起業、挑戦すべきは今 画像 【HJ HJ EYE:8】女性による起業、挑戦すべきは今

人材

 HANJO HANJO編集部が中小企業のビジネスに関わるキーパーソンに、中小企業の現在を問う「HJ HJ EYE」。今回は、日本最大規模の女性経営者の会「エメラルド倶楽部」の代表理事で、貸会議室やレンタルオフィスを手掛ける株式会社NATULUCK代表取締役でもある菅原智美さんに、女性経営者の現状について話を伺った。

■自分の“変えたい!”をカタチとする成功モデル

――アメリカの選挙では初の女性大統領は生まれませんでしたが、東京では小池知事が手腕をふるうなど、女性の社会進出が活発化しているように思えます。安部政権では女性の活躍を推進するような政策を打ち出していますが、女性が起業する上で、今は良いタイミングなのでしょうか?

菅原 創業支援の補助金が手厚くなったことで、マーケットの雰囲気は良くなりました。エメラルド倶楽部は女性経営者の会ですが、起業を目指す女性を対象としたエメラルドジュニア会員も募集しています。この会員が最近増えているのを感じていますね。

 また、これは先月に菅義偉内閣菅官房長官にお会いしたときにもお話させていただいたのですが、国が取り組む創業者向けの起業支援はあるのですが、創業した会社を維持して、成長させていくための支援が不足していると思います。創業支援に200万円を支給されても、それが無くなればつぶれてしまう会社もあると耳にしています。世界には創業支援の融資を行った際に、経営者としての研修を義務付けている国もありますが、こうした施策も必要ではないでしょうか。

――菅原さんの著書に、「女性社員の割合が3割を超えると組織が変わる」というお話がありました。女性が経営者になることは、その会社にとってもプラスになる部分がありそうです。

菅原 女性経営者は起業にあたって、日常生活において不便や不満、不足と感じていることを解決するようなビジネスを展開する傾向にあります。これが世の中の80%を握っているといわれる女性の消費に、上手く対応しているのではないでしょうか。一般に男性の経営者には日本一の企業になりたい、上場したいというように、大きな目標を持つ方が多いです。一方で、女性経営者は大きな成功を望む人は少ないですが、芯の強いところがあるので、会社を継続させていく力は強いと思います。

――一方で、中小企業庁が挙げている「女性起業の現状と課題」では、女性経営者はノウハウが不足している部分があるとしています。

菅原 男性社員は企業に就職すると、次第に部下を持つようになり、マネジメントや経営の感覚を身につけていきます。一方、女性は事務職を任されることも多く、部下を持つという社会経験を身につけにくいのは事実ではないでしょうか。このため、大きな視野で見ると、女性の管理者を増やすことは、成功する女性の起業家を増やすことにも繋がると思います。

次のページ エメラルド倶楽部の女性経営者が今、注目しているものとは? > 

《HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. ドラマ「架空OL日記」を見て、OLの日常をしみじみ味わう

    ドラマ「架空OL日記」を見て、OLの日常をしみじみ味わう

  2. 2015年版、日本の労働生産性・全要素生産性にみる日本の中長期の課題

    2015年版、日本の労働生産性・全要素生産性にみる日本の中長期の課題

  3. 日建連の週休2日実現行動計画案、決定へ/土日閉所を原則に

    日建連の週休2日実現行動計画案、決定へ/土日閉所を原則に

  4. ゼネコン各社、技術系社員教育を強化。体験型研修施設を整備、海外人材も育成

  5. 主要ゼネコンの入社3年以内の定着率、「満足」は・・・

  6. 女子パトレンジャー結成!女性目線で作業環境改善/加藤建設(愛知県蟹江町)

アクセスランキングをもっと見る

page top