~定額制ビジネスに勝算あり:1~ワイシャツレンタル、会社員ニーズを掴む 画像 ~定額制ビジネスに勝算あり:1~ワイシャツレンタル、会社員ニーズを掴む

IT業務効率

【記事のポイント】
▼市場調査でつかんだニーズをサービス設計に生かす
▼ネガティブな意見も、克服すればサービスの差別化ポイントに
▼若い世代で変わるシェアへの意識、そこに定額制の商機あり


■成功するサービス設計の裏にある市場調査

 定額制でユーザー同士がモノを貸し借りするような、シェアリングエコノミーサービスが日本でも広がりつつある。若い世代は物に困ることがないので、ものを所有することにあまり執着しないことも、この流れを後押ししているようだ。このような状況に合わせて、BtoCでも今までにない定額制サービスが生まれつつある。

 中でも、若者の間で一定のマーケットを確立しているのが、定額制による服のレンタルサービスだ。ただ、これはあくまでファッションの延長線にあるもの。娯楽のためのもので、ユーザーは飽きたら止めてしまうだろう。しかし、そこにユーザーの必然性を見出し、ストック型のビジネスとして成功させている企業がある。

 長尾淳氏が代表取締役を務める「NextR」が展開するのは、ワイシャツのレンタルサービス「ワイクリン」。16年4月のサービス開始以降、順調に顧客数を伸ばしている。

 このサービスが生まれたきっかけは、自身の体験にあるという。会社を興す前は夫婦共働きのサラリーマンだった長尾氏。その中で、仕事柄毎日必要となるワイシャツの洗濯が、夫婦の間で問題になっていた。土日に誰かが洗濯し、アイロンかけも必要になる。クリーニングを頼むにしても、平日はお店の開いている時間に合わせるのも難しく、土日は店が混んで行列に並ぶ必要があった。

 この経験からワイシャツの洗濯やメンテナンスに対して、長尾氏は需要を見出す。やがて、事業化を考えるに至ると、会社経営者の知り合いや友人にアドバイスを求めた。それだけでなく、客観的な情報も必要だとして、調査会社に依頼してアンケートによる市場分析も行ったという。

 このアンケート調査はニーズの裏付けにもなり、サービスを設計するうえでの重要な情報になった。サラリーマンがいくらぐらいのワイシャツを買っているのか。洗濯やクリーニングにどんな不満があるのか。調査をせずに自身の考えや憶測だけで判断していたら、「サービス設計で失敗し、本当のニーズに応えられなかった」と長尾氏は話している。

次のページ 準備期間は約1年、ビジネスを成功させた仕掛けとは? > 

《中尾真二/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

    サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

  2. 音声認識で議事録作成。作業時間半減!建設・不動産業界向け

    音声認識で議事録作成。作業時間半減!建設・不動産業界向け

  3. 熊谷組ら4社、コッター式継ぎ手を使用した橋梁床版の実用化にめど

    熊谷組ら4社、コッター式継ぎ手を使用した橋梁床版の実用化にめど

  4. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  5. 古河ロックドリルが新型ドリルジャンボを開発。リニア新幹線を視野に、最大出力が25%向上

  6. 【IoTツール最新事情:後編】中小経営者が今一番使いたいツール

  7. VR/ARのトレンドとは? 未来を提示する展示会「CES2017」

  8. ~中小工場のIoT化最前線:3~稼働状況も職員の体調も見える化!

  9. HANJO HANJO、新サービス「Staple Pulse」を開始

  10. 国交省、ドラレコなどで高度運行管理による事故防止事業者を募集――機器費用を一部補助

アクセスランキングをもっと見る

page top