【コト消費化するインバウンド:1】料理教室で和食体験! 画像 【コト消費化するインバウンド:1】料理教室で和食体験!

インバウンド・地域活性

【記事のポイント】
▼訪日観光客のニーズは“一品20分かつ四季の料理を織り込んだメニュー”
▼“コト消費”としてのエンタメ性が、口コミ集客へとつながる
▼サイトはキーワードを駆使して、日英併記で門戸を広く


■公共施設での講座をきっかけに、口コミで集客

 訪日観光客のニーズがモノからコトへと移る中で、そのすそ野がさまざまなサービス産業へと広がりつつある。今まで観光客をターゲットとしていなかった事業者でも、その商品やサービスに“日本らしさ”を見つけたインバウンドが、いつしか口コミで増えていったという例は少なくない。

 近年では世界無形文化遺産に登録されたこともあり、“和食”が日本で体験したいことの上位にランキングしているが、そこから派生してインバウンドから注目を集めているのが「Japanese Cooking Class」。外国人向けの和食料理教室だ。中でも、懐石料理など肩ひじ張ったものではなく、日本人の自宅で開催する日本の家庭料理教室の人気が急上昇。神奈川県を中心に3か所で外国人向け和食教室を開催する「わしょクック」もその一つだ。

 16年1月創業のわしょクックは、社長の富永紀子氏が自宅兼キッチンスタジオのある相模大野を拠点にビジネスを展開。訪日向けの体験ツアーや料理講師の派遣などの法人向け事業や、認定講師養成スクール事業も行っている。創業1年足らずでここまでビジネスを成長させた背景には、起業の2年半前から会社勤めの傍らで、週末に同様の教室を開いてきた基盤がある。外資系企業のマーケティング部門に15年間籍を置いた経験も、集客に必要なターゲット層やコンセプトの設定、法人向けの企画書作りに役立った。

 最初に料理教室を開催するにあたり、富永氏がメインターゲットに設定したのは“来日2~3年、30代半ば、日本語勉強中の、日本人夫を持つ外国人妻”。相模原市近郊にはフィリピン系の店舗があり、日本人と結婚したフィリピン人女性が多く、日本の家庭料理を覚えたいというニーズがあると判断したからだ。近くには座間キャンプや厚木基地もあり、そこからの集客も見込めると考えた。

 始動時のハードルとなるのが集客の部分だが、富永氏がまず足を運んだのが相模原市の国際交流施設「さがみはら国際交流ラウンジ」だ。企画書を持ち込み、「在日外国人向け料理教室」を提案。すぐにGoサインがでたのは、「ニーズやターゲット層まで落とし込んだ企画書のおかげ」だという。参加者は講座の継続を望むようになり、やがて富永氏の自宅で教室を開設。外国人コミュニティは結束が強いため、口コミや友人を連れてくるなどして、その規模は徐々に広がっていった。

 わしょクック設立後も口コミは集客における大きな武器だが、訪日観光客が増えるにつれて、ネットでの訴求も重要となってきた。とはいえ、同社のホームページでは、別段SEO対策は行っていないという。それにも関わらず検索上位に上がるのは、「英語と日本語でサイトを作っていること、そのなかに刺さるであろう検索ワードも入れていることが理由でしょうか」と分析する。「Japanese Home Style Cooking(日本の家庭料理)」、「DASHI(出汁)」などがそうだ。

 現在のインバウンドの80%は中国人や台湾人などアジア系だが、彼らが漢字検索した場合も、これらのキーワードがひっかかる。「在日の場合は日本語を勉強している場合も多いので、日本語表記は大切」とのことだ。

次のページ 和食の料理体験、訪日観光客が喜ぶツボとは? > 

《尾崎美鈴/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

    成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  5. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  6. ■ニュース深掘り!■DMOの課題は予算、その対応は?

  7. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  8. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  9. ~着地型観光:1~外国人ウケする着地型観光のはじめ方(前編)

  10. 農業ベンチャーによるオールLED野菜工場、「富士ファーム」が今夏からフル稼働

アクセスランキングをもっと見る

page top