【新ものづくり・新サービス展:1】好調の観光業で光る独自製品 画像 【新ものづくり・新サービス展:1】好調の観光業で光る独自製品

イベント

【記事のポイント】
▼高級品で勝負するか、普及品を新たに作るか。状況を見極める
▼独自ブランドのマーケットに、インバウンドで好調な観光業を当てる
▼独自ブランドとは独力での開発にあらず、自身の伝手を最大限に活かす


■刺繍のスキャンデータをタペストリーの絵柄として再利用

 補助金や海外進出支援など、国が積極的に中小企業の支援策を展開している。中でも、多くの事業者に活用されているのが「ものづくり補助事業」だ。過去3年間に渡ってたびたび補助金が公募され、さまざまなビジネスが世に生まれている。その成果を集めた「中小企業 新ものづくり・新サービス展」が11月30日より、東京ビッグサイトで開催された。

 “ものづくり補助事業の成果”という性質もあり、会場では製造業に関わる事業者のブースが多く出展されていた。中でも、興味深い取り組みとして来場者の目を引いていたのが、“土産品の自社開発”という異業種参入についての展示だ。

 法衣のメンテナンスとともに、その刺繍の修繕を行う和光舎では、“日本刺繍でクールジャパン”をコンセプトにブースを展開。背後には大きな孔雀のタペストリーが飾られているが、実はこれは刺繍ではなく、その絵柄をプリントしたものだという。

 同社では刺繍を修繕する際に、その図柄を資料としてスキャンしてきた。その作業は優れた技術から第3回ものづくり日本大賞を受賞したニューリーに依頼。「たまたま、会社が近くにあった」ことが発注のきっかけとのことだが、これによってスキャンデータは1億4000万画素という超高解像度で保存されている。タペストリーの図柄は、元の刺繍を数倍に拡大しているそうだが、粗の見当たらない迫力ある仕上がりとなっていた。

 刺繍とは違い、プリントのタペストリーなら安価に販売できる。その窓口として同社では京都・三条にアンテナショップを出店。特に、訪日観光客から人気を集めているという。和光舎会長の西谷謙二氏としては、今回のような展示会でバイヤーを捕まえることで、ゆくゆくは海外進出の絵も描いているようだ。

「日本刺繍は制作に時間がかかるので、体験型のイベントで旅行客を集めることはできません。タペストリーなど別の方法で注目を集め、最終的には本業である刺繍の仕事へとつなげていきたいと考えています」

《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

イベント アクセスランキング

  1. 【インバウンドビジネス総合展:1】青森の小さな村に訪日客を呼ぶために

    【インバウンドビジネス総合展:1】青森の小さな村に訪日客を呼ぶために

  2. 【ウェアラブルEXPO】シャープの超小型レーザープロジェクター、IoT時代の埋め込みデバイスに

    【ウェアラブルEXPO】シャープの超小型レーザープロジェクター、IoT時代の埋め込みデバイスに

  3. 「地方創生カレッジ」で進む人材育成、求められる担い手とは?

    「地方創生カレッジ」で進む人材育成、求められる担い手とは?

  4. 【ウェアラブルEXPO】歩けば充電する発電インソール、10秒ごとに位置情報を発信

  5. 【イーコマースEXPO:1】 BtoB-ECで営業の効率化を実現!

  6. 【ギフト・ショー】光で固まる特殊なインクを使った3Dペン玩具

  7. Workcise(Work+Exercise)で健康経営を実践するイトーキ

  8. メガネスーパーに学ぶ、企業再起のための“三つの方法”

  9. 【国際ロボット展】完熟イチゴの鮮度を保つロボット、ポイントは“茎摘み取り”

アクセスランキングをもっと見る

page top