京都・四条河原町に複合型商業施設、宿泊特化型ホテルやスパ、オーガニックも! 画像 京都・四条河原町に複合型商業施設、宿泊特化型ホテルやスパ、オーガニックも!

インバウンド・地域活性

 京阪ホールディングスは、京都・四条河原町(京都市下京区)に計画している複合型商業施設の建設概要を公表した。約170室の宿泊特化型ホテルやスパ、商業施設などで構成し、延べ床面積は約2万7000平方メートルを見込む。設計、施工者は未定。今のところ17年3月の着工、19年春の開業を目指している。
 建設地は京都市下京区河原町通四条下る稲荷町。河原町通に面した高島屋京都店の南側敷地(約3800平方メートル)で、建物は9階建てとなる。京阪グループが新たに提案する▽健康的でクオリティーの高い生活▽自然環境との共生▽環境保全-などをテーマとした新ライフスタイル「BIOSTYLE(ビオスタイル)」のフラッグシップ施設として建設する。
 グループ会社のビオ・マーケットが有するオーガニック認証の生鮮食品を中心に、「身体に良いもの」「生産者、作り手の思いが見えるもの」を商品・サービスとして展開し、潤いのある暮らしに貢献するスタイル提案型の事業を行う。
 複合施設の1~2階を「EATゾーン」とし、1階には自然素材を使ったデリ・カフェや街かどマルシェ、ビオ・マーケットの野菜とオリジナル商品を中心としたグロサリーショップなど、2階にはレストランが入る。3階は「CAREゾーン」に設定。“内側から輝くインナービューティーケア”をテーマに、セルフケアとプロフェッショナルケアを統合的に展開する。
 4~9階は「STAYゾーン」と位置付け、オーガニック素材のアメニティーやオリジナル飲食メニューの提供などを通じ、ビオスタイルを体感できる約170室のホテルを設ける。
 建物の低層部には、優しい色合いの土壁を取り入れ、ぬくもりが感じられる外観とする。
 また、ホテルが入る4階から上を吹き抜けとすることで、新鮮な空気と天気、季節の移ろいが感じられる“呼吸する空間”を創出する計画だ。

京阪HD/京都・四条河原町に複合型商業施設、17年3月着工へ/延べ2・7万平米

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

    <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  2. 中野区の新区役所庁舎基本設計、現庁舎の北西側に移転、改築

    中野区の新区役所庁舎基本設計、現庁舎の北西側に移転、改築

  3. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  4. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  5. みなとみらい21の新港地区客船ターミナル施設整備/ラグビーW杯に向けホテルも

  6. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】小さな港町に数万人を集める「大洗ガルパンプロジェクト」(2)

  7. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  8. 現役高校生が考える地域活性化ビジネス……千葉商科大「地元再発見コンテスト」が開催

  9. 高い評価の新潟米「新之助」、強気の値段設定はおいくら?

  10. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

アクセスランキングをもっと見る

page top