2017年ヒット予想、上位に入ったのは今年話題の・・・ 画像 2017年ヒット予想、上位に入ったのは今年話題の・・・

制度・ビジネスチャンス

博報堂生活総合研究所は10月28日、「生活者が選ぶ 2017年ヒット予想 & 2016年ヒット商品 ランキング」を発表。2017年は「自動運転システム搭載車」がヒットすると予想する人が最多を占め、同所は「人々は生活者支援系テクノロジーを求めている」とコメントした。

このランキングは、首都圏・京阪神圏の15~69歳の男女1008人に調査した結果。新聞・雑誌・WEBなどから、2016年、世の中で注目されたと思われる商品やサービス、コンテンツなどを生活者に提示し、「2017年以降、話題になりそう」「人々の生活に普及・浸透していそう」と思うかを収集した。2017年ヒット予想ランキングの1~10位はこうだ。

1位=自動運転システム搭載車 2位=人工知能(AI)技術 3位=格安スマホ 4位=ドローン 5位=ネットスーパー 6位=ふるさと納税 7位=電気自動車 8位=インスタグラム 9位=訪日外国人観光客 10位=仮想現実(VI) 

12位には暮らしの支援ロボット、21位にシェアサービス、26位に電動アシスト自転車といったモビリティ関連がランクイン。「補助」「代行」「拡張」といった生活者支援系テクノロジーが上位に入ったことを受け、生活者が求めているテクノロジーについて同所は「サンキュー・テック」と名付け、こうコメントした。

「1位の自動運転システム搭載車への生活者の期待は高齢者などの運転時の事故防止が中心であり、人間のミスを補助すること。電動アシスト自転車は子どもや重い荷物などを載せての移動がたいへんな子育てママにとって、いまや生活必需品になっている」

「災害地や危険な場所、これまで見られなかった魅力的な場所の映像を撮影できるドローンなど、人間がやらずに済ませたい仕事を代行するものが上位にあがっている」

男女別では、男性1位がAI技術、女性1位がネットスーパーで、「男性は産業まわり、女性は生活まわりの事象が1位に」とコメント。さらに年代別・性別のランキング1位は次のようになった。

10代男性=VR 10代女性=ユニバーサル・スタジオ・ジャパン 20代男性=VR 20代女性=自動運転システム搭載車 30代男性=格安スマホ 30代女性=ふるさと納税 40代男性=格安スマホ 40代女性=ネットスーパー 50代男性=自動運転システム搭載車 50代女性=ふるさと納税 60代男性=AI技術 60代女性=ネットスーパー

また、60代女性トップ10のなかに唯一ランキングされたのが「イートインスペースのある店」だった。

2017年ヒット予想、モビリティが上位に…博報堂生活総研調べ

《大野雅人》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. リニア新幹線南アルプストンネル導水路を建設、全体工程7年想定

    リニア新幹線南アルプストンネル導水路を建設、全体工程7年想定

  2. 新空港線線(蒲蒲線)、先行区間事業費は1260億円

    新空港線線(蒲蒲線)、先行区間事業費は1260億円

  3. 日清食品が滋賀県栗東市に新工場、50%以上の省人化でコスト削減

    日清食品が滋賀県栗東市に新工場、50%以上の省人化でコスト削減

  4. 東北整備局で震災後初の道路啓開訓練を実施

  5. ヤマダ電機、5月末までに46店舗を閉鎖、新規出店計画も15店舗

  6. 納豆市場が急成長! 16年、過去最高の2140億円/「国産使用」後押し

  7. 市場介入でルピア安を防止へ! インドネシア財務相

  8. NHK大河「おんな城主 直虎」幻想的なおとぎ話のなかの生々しい経営ドラマ

  9. 野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

  10. 【外国人技能実習生:1】受け入れを検討するタイミングはいま。

アクセスランキングをもっと見る

page top