【今月のレコメンデーション】12月に利用したい支援事業! 画像 【今月のレコメンデーション】12月に利用したい支援事業!

制度・ビジネスチャンス

【今月のおすすめ、ベスト3!】
▼“クールジャパン”な異業種連携コンテンツ事業の表彰
▼革新的ものづくりにおける設備投資への補助金、上限500万円~
▼販路開拓への補助金、上限50万円~


■アニメや映画の派生ビジネス、クールジャパンで世界に

 映画「君の名は。」が記録的なヒットを飛ばし、作品のモデルとなった場所に観光客が押しかけている。16年9月にはアニメツーリズム協会が発足したが、アニメや映画といったコンテンツと観光業のコラボは、ビジネスとしてのポテンシャルが高い。

 そして、コンテンツとのコラボは観光業だけにとどまらない。一番分かりやすいのが周辺グッズだろう。同月に東京商工会議所が開催した、コンテンツホルダーと製造業などの事業者による交流会には、定員を超える事業者が集まった。同じく同月開催のギフトショーでも、映画「シン・ゴジラ」のヒットを受けてか、ある企業がゴジラとコラボしたグッズを出展。バイヤーの注目を集めている。

 こうしたコンテンツ産業は、いわゆるクールジャパンとして、海外からも注目を集めている。とはいえ、実際に海外に売り出すとなると、PRや販路開拓などの敷居が高い。そこで、商材のバリューを高めるために利用したいのが「クールジャパン・マッチングアワード」だ。

 これは、コンテンツとの異業種間連携によって生み出された商品やサービスのうち、海外に展開可能なものの中から、先進的な事例を選定するもの。選定された事業者は、17年2月に開催される「第1回クールジャパン・マッチングフォーラム」で表彰される。こうしたアワード作品は商談や展示会でも注目を集めるので、商材を持つ事業者はぜひ申し込みたい。

 その他では設備投資などの一部を支援する「革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金」、販路開拓などを支援する「小規模事業者販路開拓支援事業」も募集を実施している。新製品やサービスの開発、事業拡大の際には頼もしい支援となるだろう。


【今後注目の支援事業】

「クールジャパン・マッチングアワード」
■URL
http://cjmf.jp/matchingaward.php
■募集締め切り:12月16日

■募集対象
コンテンツなどクリエイティブ分野(※1)と、製造業やサービス業などの異業種(※2)が連携して、海外に展開可能な商品やサービスを生み出したビジネスプロジェクト。15年1月以降に発売または開始され、現在も継続または継続予定であること。

※1.コンテンツなどクリエイティブ分野
アニメ・キャラクター/マンガ・出版/ゲーム/音楽/テレビ番組/(実写)映画/デジタルコンテンツ/ファッションなどのデザインやアート 以上、8分野と、その他

※2.製造業やサービス業などの異業種
製造/伝統工芸など/食・農林水産/海外展開/販売/サービス・イベント/IT/施設・建設/教育・文化・スポーツ/地方・環境・福祉・ソーシャルなど/交通・観光 以上、11分野と、その他



「革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金」
■URL
http://www.chuokai.or.jp/hotinfo/28mh_koubo_2016nov-.html
■募集締め切り:17年1月17日
■補助対象者
国内に本社および実施場所を有し、以下の要件に該当していない中小企業者。

・発行済株式の総数、または出資価格の総額の2分の1以上を同一の大企業が所有している中小企業者
・発行済株式の総数、または出資価格の総額の3分の2以上を大企業が所有している中小企業者
・大企業の役員または職員を兼ねている者が、役員総数の2分の1以上を占めている中小企業者

■助成対象事業
「中小サービス事業者の生産性向上のためのガイドライン」で示された方法で行う、革新的なサービスの創出・サービス提供プロセスの改善。3~5年で「付加価値額」年率3%、および「経常利益」年率1%の向上を達成できる計画であること。または、「中小ものづくり高度化法」に基づく、特定ものづくり基盤技術を活用した革新的な試作品開発・生産プロセスの改善を行い、生産性を向上させる計画。

■補助率と上限

第四次産業革命型の助成率は2/3以内、上限は3000万円。一般型の助成率は2/3以内、上限は1000万円。小規模型の助成率は2/3以内、上限は500万円

※ものづくり技術の対象類型で、一般型と小規模型は特例あり。雇用を維持し、5%以上の賃金引上げで上限が倍増。最低賃金引上げの影響を受ける場合は、上限がさらに1.5倍。



「小規模事業者販路開拓支援事業(小規模事業者持続化補助金)」
■URL
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/shokibo/2016/161104jizoku28.htm

■募集締め切り:
17年1月27日
(※熊本地震対策型は1次締切が16年11月25日、2次締切が17年1月27日)
(※台風激甚災害対策型は1次締切が16年12月2日、2次締切が17年1月27日)

■補助対象者
製造業、その他の業種に属する事業を主たる事業として営む会社および個人事業主。常時使用する従業員の数が20人以下であること(「卸売業」、「小売業」、「宿泊業と娯楽業をのぞくサービス業」に属する事業を主たる事業として営む者については5人以下)。

■助成対象事業
小規模事業者が商工会や商工会議所の支援を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って取り組む販路開拓などの経費

■補助率と上限
一般型の助成率は2/3以内、上限は50万円(賃上げ、雇用対策、海外展開、買物弱者対策は100万円。複数の事業者が連携した共同事業は500万円)。熊本地震対策型の助成率は2/3以内、上限は200万円(複数の事業者が連携した共同事業は2000万円)。台風激甚災害対策型の補助率は2/3以内、上限は100万円(複数の事業者が連携した共同事業は1000万円)


※補助事業に関する公募内容については、上記記載の他にもさまざまな公募条件、補助内容が定められています。詳細については、ホームページをご確認ください

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 地方の工事減少深刻-10年で出来高4割減も、東京一極集中が強まる

    地方の工事減少深刻-10年で出来高4割減も、東京一極集中が強まる

  2. 国交省が電気通信工事の国家資格創設へ。技術検定で制度化、30年ぶりの新種目

    国交省が電気通信工事の国家資格創設へ。技術検定で制度化、30年ぶりの新種目

  3. 本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

    本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

  4. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  5. 朝ドラ『べっぴんさん』に見る、うまくいく “両輪経営”

  6. 建設進む北海道新幹線、国内最長の陸上トンネル誕生へ!

  7. 【外国人技能実習生:3】中国とベトナムの実習生最新事情

  8. 設備工事上場大手10社の16年4~9月期決算。受注高、各分野で増加傾向

  9. 「地中拡幅工法」検討に苦心…関東整備局が民間企業から意見聴取へ

  10. 厚労省が高所作業で安全帯のフルハーネス型を原則化へ

アクセスランキングをもっと見る

page top