JR東日本の技術革新ビジョン。IoTやAI積極活用、革新的なサービスを提供! 画像 JR東日本の技術革新ビジョン。IoTやAI積極活用、革新的なサービスを提供!

IT業務効率

 JR東日本は20年後を見据えた「技術革新中長期ビジョン」を策定した。IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)、ビッグデータなどを活用した先端技術の進展を踏まえ、出発地から目的地までの旅客の移動で革新的なサービスを提供する「モビリティー革命」の実現を目指す。多分野との連携を強化するためのコンソーシアムも形成。社外の知見も取り込み、技術開発を加速させる。
 新ビジョンでは、輸送分野で究極の安全を目指す「安全・安心」、個々の旅客ニーズにより高度に対応した「サービス&マーケティング」、インフラ設備を高度管理する「オペレーション&メンテナンス」、鉄道エネルギーマネジメントの確立を目指す「エネルギー・環境」の4項目ごとに、世界最先端の技術を活用し、グループで提供するサービスの高度化に取り組む。
 安全・安定輸送のレベルアップを最重点課題に挙げ、高度道路交通システム(ITS)やロボット、センサーなどを活用し、事故や災害などの予兆を事前に捉え、人の経験知では気付かないリスクを掘り起こして究極の安全対策を目指す。
 鉄道設備の管理運営では自動運転技術やロボット化、AIなどによる業務支援を進めるとともに、人とシステムのベストミックスによる働き方改革を推進する。
 社内外の多様なデータを横断的に利用できるようにするため、情報プラットホームをクラウド上に構築し、データ連携の環境整備を進める。
 外部連携の一環で、他の交通事業者や国内外のメーカー、大学・研究機関などが集う「モビリティ変革コンソーシアム」(仮称)を設立。有志によるアイデア提案やプログラム開発を行うイベントの実施、実証実験施設の外部への提供など、社内外のアイデアを積極的に取り込む場を創出する。

JR東日本/技術革新ビジョン/IoTやAI積極活用、外部連携で取り組み加速

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

    ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  2. 売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?(続編)

    売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?(続編)

  3. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  4. ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  5. ~中小工場のIoT化最前線:3~稼働状況も職員の体調も見える化!

  6. ガラスに広告などの映像を投影可能…旭硝子「Glascene」

  7. ドローンの活用範囲が拡大/資材運搬や高圧線架設にも応用/最大の需要はインフラの点検

  8. ~中小工場のIoT化最前線:1~見える化で生産性を向上!

  9. ~スマート林業:3~電力自由化!間伐材で作る再生エネ

  10. 東京駅日本橋口前・日本ビルの部分解体工事を公開

アクセスランキングをもっと見る

page top