自民議連・石破茂会長「このままでは左官職人いなくなる」。就業者激減に危機感 画像 自民議連・石破茂会長「このままでは左官職人いなくなる」。就業者激減に危機感

人材

 「このままでは左官職人がいなくなってしまう」。自民党の左官業振興議員連盟が2日に党内で開いた総会で、会長の石破茂・前地方創生担当相が、1990年の国勢調査から一貫して就業者が減り続けている左官業の現状に強い危機感を示した。=2面に関連記事
 総会では、国土交通省が国勢調査を基にした左官業の就業者の状況を説明。90年に全国で19万9253人いた就業者が、2015年には7万3300人と63%のマイナスとなっていることを明らかにした。こうした現状に議連のメンバーからは、「10年も経てば左官職人がいなくなってしまう」「公共事業の中で左官業が仕事できるような工夫を取り入れていく必要がある」「若い設計者の間で左官の仕事にピンと来ていない人もいる。業界としても需要喚起へのアプローチに取り組むべきだ」といった声が上がった。
 石破氏はこうした声を総括し、「公共建築で左官の仕事がどれくらい確保できているのか、そのためにどのような誘導施策が講じられているのかを具体的に示してほしい」と国交省に注文。省エネや健康で快適な暮らしにも役立つ左官技術のPRを含めて、左官業振興の具体策を模索する考えを示した。「左官業の振興が(伝統技能を守る)文化庁所管の仕事にならないよう努力していかなければならない」とも訴えた。

自民議連・石破茂会長/「このままでは左官職人いなくなる」/就業者激減に危機感

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. ■ニュース深堀り!■変わる制度と環境、シニア人材雇用の企業事情

    ■ニュース深堀り!■変わる制度と環境、シニア人材雇用の企業事情

  2. 旅館業の人材不足をどう解決すればいいのか/第3回 働き続けられる環境を整備する

    旅館業の人材不足をどう解決すればいいのか/第3回 働き続けられる環境を整備する

  3. 「宇宙の仕事」も、鹿児島県の6市町が地方創生人材を全国から募集

    「宇宙の仕事」も、鹿児島県の6市町が地方創生人材を全国から募集

  4. 鉄道運輸機構理事長に北村隆志氏、10月1日就任

  5. 全日本教職員連盟委員長に岩野氏再任

アクセスランキングをもっと見る

page top