海事産業の生産性革命(i-Shipping)、船舶の開発・設計期間を半分に 画像 海事産業の生産性革命(i-Shipping)、船舶の開発・設計期間を半分に

制度・ビジネスチャンス

国土交通省は、推進する海事産業の生産性革命(i-Shipping)の一環として、産学官の連携により船舶の開発・設計期間の半減を目指すと発表した。

国土交通省交通政策審議会は今年6月、「海事産業の生産性革命(i-Shipping)による造船の輸出拡大と地方創生のために推進すべき取組について」を答申した。答申では、情報技術を活用して、船舶の「開発・設計」から「建造」、「運航」まで、すべてのフェーズで生産性を向上させ、2025年の世界建造シェアを3割とする目標を掲げる。

このうち、「開発・設計」は、新船型の開発期間の半減を目指すこととしており、日本造船業におけるCFD(数値流体力学)の活用拡大による船型開発能力の向上を主要な取組の一つとしている。

今回、産学官の連携により船舶の省エネ性能などを決定付ける、船体周りの水の流れ(流場)を実船で計測し、その結果を活用して省エネ性能を計算機上で定量的に評価することが可能なCFDを構築するための検討を開始する。

2016年度は、全体調査計画の策定やCFD高度化方針の検討、実船流場等計測手法を検討する。2017年度以降、実船流場などの計測、CFDの高度化、高度性能評価手法の国際スタンダードを検討する。

船舶の開発・設計期間を半分に---産学官が連携

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 絶対回収するすごい方法!

    絶対回収するすごい方法!

  2. 本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

    本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

  3. 中小企業の事業承継に、日本的M&Aという新たな選択肢

    中小企業の事業承継に、日本的M&Aという新たな選択肢

  4. 厚労省が高所作業で安全帯のフルハーネス型を原則化へ

  5. 国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

  6. 名古屋市「ノリタケの森」、にぎわいと交流の拠点に

  7. 2016年の休廃業・解散企業、過去最高の2万9583件。倒産の3.5倍

  8. 【解決!社長の悩み相談センター】第22回:「息子」か「片腕」か…後継者選びで考えること

  9. 設備工事上場大手10社の16年4~9月期決算。受注高、各分野で増加傾向

  10. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

アクセスランキングをもっと見る

page top