海事産業の生産性革命(i-Shipping)、船舶の開発・設計期間を半分に 画像 海事産業の生産性革命(i-Shipping)、船舶の開発・設計期間を半分に

制度・ビジネスチャンス

国土交通省は、推進する海事産業の生産性革命(i-Shipping)の一環として、産学官の連携により船舶の開発・設計期間の半減を目指すと発表した。

国土交通省交通政策審議会は今年6月、「海事産業の生産性革命(i-Shipping)による造船の輸出拡大と地方創生のために推進すべき取組について」を答申した。答申では、情報技術を活用して、船舶の「開発・設計」から「建造」、「運航」まで、すべてのフェーズで生産性を向上させ、2025年の世界建造シェアを3割とする目標を掲げる。

このうち、「開発・設計」は、新船型の開発期間の半減を目指すこととしており、日本造船業におけるCFD(数値流体力学)の活用拡大による船型開発能力の向上を主要な取組の一つとしている。

今回、産学官の連携により船舶の省エネ性能などを決定付ける、船体周りの水の流れ(流場)を実船で計測し、その結果を活用して省エネ性能を計算機上で定量的に評価することが可能なCFDを構築するための検討を開始する。

2016年度は、全体調査計画の策定やCFD高度化方針の検討、実船流場等計測手法を検討する。2017年度以降、実船流場などの計測、CFDの高度化、高度性能評価手法の国際スタンダードを検討する。

船舶の開発・設計期間を半分に---産学官が連携

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 道路をステーションにしたカーシェアリング、拡充へ/実験参加者を追加募集

    道路をステーションにしたカーシェアリング、拡充へ/実験参加者を追加募集

  2. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

    「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  3. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  4. ~あたらしい訪問型ビジネス:1~老人ホームが薬局の“顧客”になる日

  5. 桜美林学園、町田市に新キャンパス整備/土地は市から50年間の借り受け

  6. 国交省が交通誘導警備員を直接工事費に。実績とかい離、計上方法見直し

  7. 東京五輪特需も期待大…いま「ネジ業界」が面白い!

  8. なぜスーパーホテルは2度も「日本経営品質賞」を受賞できたのか? その秘密を探る

  9. 人気も価格も安定の銘柄豚、スーパーのファン拡大へ

  10. 名古屋市「ノリタケの森」、にぎわいと交流の拠点に

アクセスランキングをもっと見る

page top