海事産業の生産性革命(i-Shipping)、船舶の開発・設計期間を半分に 画像 海事産業の生産性革命(i-Shipping)、船舶の開発・設計期間を半分に

制度・ビジネスチャンス

国土交通省は、推進する海事産業の生産性革命(i-Shipping)の一環として、産学官の連携により船舶の開発・設計期間の半減を目指すと発表した。

国土交通省交通政策審議会は今年6月、「海事産業の生産性革命(i-Shipping)による造船の輸出拡大と地方創生のために推進すべき取組について」を答申した。答申では、情報技術を活用して、船舶の「開発・設計」から「建造」、「運航」まで、すべてのフェーズで生産性を向上させ、2025年の世界建造シェアを3割とする目標を掲げる。

このうち、「開発・設計」は、新船型の開発期間の半減を目指すこととしており、日本造船業におけるCFD(数値流体力学)の活用拡大による船型開発能力の向上を主要な取組の一つとしている。

今回、産学官の連携により船舶の省エネ性能などを決定付ける、船体周りの水の流れ(流場)を実船で計測し、その結果を活用して省エネ性能を計算機上で定量的に評価することが可能なCFDを構築するための検討を開始する。

2016年度は、全体調査計画の策定やCFD高度化方針の検討、実船流場等計測手法を検討する。2017年度以降、実船流場などの計測、CFDの高度化、高度性能評価手法の国際スタンダードを検討する。

船舶の開発・設計期間を半分に---産学官が連携

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 成功する新業態:01|月2000円で飲み放題のコーヒースタンド

    成功する新業態:01|月2000円で飲み放題のコーヒースタンド

  2. 本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

    本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

  3. ポスト五輪、建設市場もインバウンド需要で。極端な落ち込みなしの予測

    ポスト五輪、建設市場もインバウンド需要で。極端な落ち込みなしの予測

  4. 環七地下広域調節池の石神井川区間を工事。集中豪雨にも効果を発揮!

  5. 「地中拡幅工法」検討に苦心…関東整備局が民間企業から意見聴取へ

  6. どうなる建設市場?ポスト五輪占う~20年以降も堅調の予想

  7. 国土強靱化ー初弾認証企業に44社、政府から“お墨付き”

  8. 2020年のEV・PHV国内保有台数、目標は100万台…経産省 ロードマップ

  9. ドローン操縦士協会発足!2020年の経済効果は91兆3000億円!!

  10. 建設進む北海道新幹線、国内最長の陸上トンネル誕生へ!

アクセスランキングをもっと見る

page top