海事産業の生産性革命(i-Shipping)、船舶の開発・設計期間を半分に 画像 海事産業の生産性革命(i-Shipping)、船舶の開発・設計期間を半分に

制度・ビジネスチャンス

国土交通省は、推進する海事産業の生産性革命(i-Shipping)の一環として、産学官の連携により船舶の開発・設計期間の半減を目指すと発表した。

国土交通省交通政策審議会は今年6月、「海事産業の生産性革命(i-Shipping)による造船の輸出拡大と地方創生のために推進すべき取組について」を答申した。答申では、情報技術を活用して、船舶の「開発・設計」から「建造」、「運航」まで、すべてのフェーズで生産性を向上させ、2025年の世界建造シェアを3割とする目標を掲げる。

このうち、「開発・設計」は、新船型の開発期間の半減を目指すこととしており、日本造船業におけるCFD(数値流体力学)の活用拡大による船型開発能力の向上を主要な取組の一つとしている。

今回、産学官の連携により船舶の省エネ性能などを決定付ける、船体周りの水の流れ(流場)を実船で計測し、その結果を活用して省エネ性能を計算機上で定量的に評価することが可能なCFDを構築するための検討を開始する。

2016年度は、全体調査計画の策定やCFD高度化方針の検討、実船流場等計測手法を検討する。2017年度以降、実船流場などの計測、CFDの高度化、高度性能評価手法の国際スタンダードを検討する。

船舶の開発・設計期間を半分に---産学官が連携

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. リニア新幹線・第一中京圏トンネル新設西尾工区、競争見積もり手続きを公告

    リニア新幹線・第一中京圏トンネル新設西尾工区、競争見積もり手続きを公告

  2. 厚労省が高所作業で安全帯のフルハーネス型を原則化へ

    厚労省が高所作業で安全帯のフルハーネス型を原則化へ

  3. 国交省の社保未加入対策、現場入場規制で再周知。一覧表や一問一答を用意

    国交省の社保未加入対策、現場入場規制で再周知。一覧表や一問一答を用意

  4. 【東京五輪でビジネスに勝つ】製造技術アピール、動くのは今

  5. 【対談】TPPで変わる著作権、アニメや漫画の現場はどう変わる?

  6. 【解決!社長の悩み相談センター】第22回:「息子」か「片腕」か…後継者選びで考えること

  7. 羽田連絡橋・新規整備へ。国家戦略特区プロジェクトの一環

  8. 【健康経営が生む新ビジネス:2】トップ営業に意外なニーズが

  9. ジビエのトレーサビリティー、業界で統一流通ルール

  10. ゼネコン上場大手4社、16年4~9月期決算。五輪関連の建設需要で最高益!

アクセスランキングをもっと見る

page top