~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培 画像 ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

IT業務効率

【記事のポイント】
▼養液供給の自動化の魅力は、生産性向上の先にある品質向上
▼作業の負荷軽減を考えると、実は高齢者こそ取り組むべき農業のIT化
▼農業参入のハードルを下げることが、人手不足の解消に繋がる


■身近なところで既に農業を支えているIT

 就農人口の減少と担い手の高齢化が、農業における大きな問題となっている。農業従事者の負担を減らし、新規就農を促進するためには、生産性や収益の向上が不可欠。そのために注目されているのがITの導入だ。

 分かりやすい例としては無人の野菜工場があるが、初期投資が膨大なため一農家が取り組むには難しい。ただ、タブレットやスマホ、クラウドを利用した農業のIT化は身近なものとなり、成功事例も表れつつあるようだ。実際にちょっとした作業の効率化、記録管理のIT化などにテクノロジーを導入している農家は少なくない。その良い参考になりそうな事例が、福島県で30町の稲作を行うアルス古川だ。

 同社の古川純平氏によると、農業にITを導入したきっかけは、所有する水田の苗を育てるビニールハウスの有効利用のため。苗を育てたあとのビニールハウスは田植えが終われば、次の収穫で種もみが獲れるまで使用されずに放置される。これを何かに使い、売上に貢献できないかと考えたのが始まりだった。

■肥料散布と灌水がセンサー情報を元に自動化

 ビニールハウスの活用にあたり、思いついたのがミニトマトの栽培だった。とはいえ、遊休地の活用という副次的な使い方のためだけに人を雇うことは難しい。そもそも、ミニトマト栽培の経験が豊富ではなかったため、まずは県の営農指導を受けることになった古川氏。その中で出会ったのが養液土耕支援システム「ゼロアグリ」だった。

 ゼロアグリは土壌センサーによって耕作地の地温、土壌水分量、土壌EC値を測定。それを元に灌水や肥料の量を制御する。古川氏によればハウス栽培で一番大変なのが水やりだという。天候や気温、作物の状態によって分量の調整が必要となり、作業中は手がはなせない。そのため、養液供給の自動化は魅力的だった。

《中尾真二/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 建築ドローン協会、将来的にはドローンスクールの立ち上げも

    建築ドローン協会、将来的にはドローンスクールの立ち上げも

  2. 首都高速会社、IoTやAIの活用でインフラ管理を高度化。外販でフィービジネスも

    首都高速会社、IoTやAIの活用でインフラ管理を高度化。外販でフィービジネスも

  3. ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

    ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  4. 全天候型ドローン+超高感多目的カメラで災害時の情報収集

  5. サービス業のIT利用最前線!5 NECが進化させる“おもてなし”プロダクト体験

  6. サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

  7. 東京駅日本橋口前・日本ビルの部分解体工事を公開

  8. ~ポストものづくり時代:1~伝統工芸を現在とシンクロさせる

  9. HJHJアーカイブス:07「老舗旅館を立て直した“ITのおもてなし”」

  10. 国交省がICT土工の初弾スタート!人材育成にも注力!

アクセスランキングをもっと見る

page top